現役ベース講師の自宅練習環境【2018年後期Ver.】

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回は僕の自宅練習環境についてのお話です。

自宅練習環境

2018年4月。
「【ベース】最強の自宅練習環境を構築してみる」という記事で、

  • コンパクト設計
  • お手頃価格

というコンセプトの元、

  • 個人練習
  • 生徒との自宅レッスン
  • 録音・撮影

上記3点を行える「自宅練習環境」作ってみました。

あれから約半年。

ベース講師として、楽器を演奏する環境にも色々と変化が出てきました。
当然、環境に合わせて練習用のシステムも変える必要がでてきます。

そこで!

2018年度後期、9月末の我が家の自宅練習環境を紹介してみようと思います。

和明さん

ニーズに合わせて姿を大きく変えました!

スポンサーリンク

自宅練習環境 2018年度後期Ver.

こちらが完成した練習環境。

木の板が1枚!
とってもコンパクトになりました!

  • 生徒とのレッスンはスタジオや出張が大半になった。
  • レコーディングはRECボードで行えるようになった。
  • 部屋をもっと広く使いたい。

という点を踏まえて、更に小型化しました。

※通電が分かりやすいようにプリアンプをONの状態で撮影しています。
普段はプリアンプをOFFにしたセッティングです。


いつものダンボーとの比較。
かなり小型です。

和明さん

台座にはSeriaの木材を使用しています!


「別にエフェクターいらないんじゃないの…?」

という声が聞こえてきそうですが。

サックスベース奏者として、どうしてもMS-60Bを使用した練習が必要なのであります…!

システムについて

全体の信号の流れはこのような形に。

オケを流しながら、スピーカーでもヘッドホンでも練習ができる環境です。

中枢になるのはAmpeg / SCR-DI
BASS NOTE内でも何度も名前を挙げている、とっても優秀なDIです。

中古で入手したものなので傷だらけです(笑)
▶現役ベース講師のアンプ事情。自宅練習用ベースアンプの選び方など。

なんと、このSCR-DI。

「どうぞ私を練習に使ってください!」

と言わんばかりに、ステレオのAux Inを搭載しているんです。

Bluetoothオーディオレシーバー「AUKEY / BR-C1」を使って、ケーブルレスでオケを流しています。

出力は3.5mmステレオミニのPhones端子から。

ひとつ上のLine Outはモノラル端子なので、ヘッドホンを直接挿しても左側しか聴こえません。

スピーカーやイヤホンを使用したい場合には本体のPhones端子にそのまま接続。
ヘッドホンを使用したい場合には、

このような3.5mm(オス) – 6.35mm(メス)のオーディオ変換ケーブルを噛ませて対応します。

プリアンプをOFFにしているので、Volumeのノブは機能しません。
AUX Levelを使用して相対的にボリュームバランスを調整しましょう。

電源について

充電池とバッテリースナップを使用することで、コンセントの無い場所でも自由に使用できるようにしてあります。


詳しい内容は「9V電池をDCアダプタに変換!TECH バッテリースナップ!」という記事で解説しています!

まとめ

SCR-DIは「究極の演奏環境」と合わせることで、更なる効率・真価を発揮します!

  • 無駄を省いた練習環境

練習機材なんて必要最低限で良いんです!

無駄にごちゃごちゃした環境を組んだところで、実際にその機能の何%を使うでしょう。

「練習したい!」

と思った瞬間に音が出せる環境。
それこそが自宅練習環境の究極形です。

皆さんの自宅練習環境は、思い立ってから何秒で音が出せますか?

スポンサーリンク




シェアする