スポンサーリンク

僕が目指すのは鬼塚慶次のようなベーシスト【現役プロが語る】

鬼塚慶次のようなベーシスト

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回は僕の思想を垂れ流す雑談です。

先日の凱旋会議(地元ミュージシャンの大会)のときにご一緒した仲良しのギタリストさんから

「お前は鬼塚慶次みたいなベース弾くから好き」

という、素敵な言葉をかけていただきました。

嬉しすぎる!!
僕にとっては最高の褒め言葉です!!

皆さんは知ってますか、鬼塚慶次(おにづか けいじ)

あれです。
漫画「テラフォーマーズ」に登場するボクサーです。 紋華青龍蝦(モンハナシャコ)です。

主人公ではなくて何気ない脇役なんですけども。
スピンオフの漫画も発売されるほどの人気で、僕も大好きなキャラクターです!

和明さん
和明さん

まさに僕がベーシストとして磨き続けている演奏スタイルを的確に言い当てて認めていただけたのでとっても嬉しかったです!

スポンサーリンク

高橋和明と鬼塚慶次

鬼塚慶次のボクシング

鬼塚慶次を一言で表すなら『地味なボクサー』
ライト級・スーパーフェザー級の2階級で世界チャンピオンという実力なのに、ボクシングファンの間での彼の知名度はほぼゼロです。

どこまでも基本に忠実。
得意技も必殺技も無い、ただただ基礎を固めあげたスタイル。
すべてが教本通りの完璧なパフォーマンス。

ゆえに華がないので、試合はつまらない。
だからファンからの人気もない。
“金にならない(おもしろくない)王者”なんです。

ひたすら地味で存在感も皆無。
ジムのなかでも、休まずサボらず迷惑かけず。

だけど誰が見ても非の打ち所がない絶対的な安定感。
基本を貫き通すことの難しさを知っている同業者(ボクサー)からだけ、一目を置かれている存在。

これが鬼塚慶次のボクシングです!

和明さん
和明さん

ちなみに彼の学生時代の最終成績は

国語・数学・理科・社会科・共通語(英語)『3』
技術・家庭科『3』
音楽・美術『3』
体育『3』

なんてカッコいい成績でしょう!

筆者が目指すのは鬼塚慶次のようなベーシスト

セッションするベーシスト

僕には派手な演奏はできません。
知名度もないので、大きなステージで人気のアーティストさんのバックバンドで演奏しても僕の存在に気付く人は200人に1人いれば御の字です。

でも、僕にはクライアントが求める演奏ができます。
なので仕事ももらえるし、専業のベーシストとして生活ができています。

基本を大切に。
どんな現場にいっても、絶対に怒られない演奏ができて胸を張って報酬を受け取れる。
それが僕の仕事のスタイルです。

和明さん
和明さん

そんな演奏を貫き通しているうちに、大会でもベーシスト部門で最優秀賞を受賞することができました!



どんな場面でもベーシストとして最低限必要なことが必ずできるプレイヤー。

僕自身もそのような存在でありたいし、僕の生徒さんにもそんなスキルを身に着けてほしいと思っています。