スポンサーリンク

【有料のレッスンってどうなの?】お金を払うという選択肢について

有料のレッスンってどうなの

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

レッスンを受けてみたいけど、有料はちょっと… 悩んでいる方へ。
そして、これから有料のレッスンを始めようと思っているミュージシャンの方へ。

今回は「レッスンにお金を払う」という選択肢について、だらだらと僕の思うことを書いてみようかなと思っています。

スポンサーリンク

有料のレッスンって受けたほうがいいの?

「絶対受けたほうがいい!」
「別に受けなくてもいい!」

というのは各々の環境や考え方にもよると思うので、まず最初に僕から申し上げられるのは一言。

「統計的にみると、時間の大切さを知っている人はみんなレッスン受けてますよね」

これは一般的な統計でも、僕の体感的にも間違いありません。

和明さん
和明さん

これは大切なポイントなので、贔屓目ナシ・色眼鏡ナシで申し上げます!

短期間でさっさと上達して音楽ライフを満喫しているのは、有料のレッスンを受けて効率的に成長したプレイヤーばかりです!

楽器は独学でも弾けるようになる

まず、大前提として。
これは楽器の先生をやっている僕が言うのも変な話なんですけども。

正直、楽器は独学でもある程度は弾けるようになります。
僕自身も独学の状態でライブを続けていたので、普通に人前に立てる程度には誰でも弾けるようになるはずです。

では、なぜレッスンに課金が必要なのか。

課金と効率について

ゲームの課金アイテム

ソシャゲのガチャの話

例えば。
スマホのゲームアプリをプレイすると、必ずガチャ用の石が課金で購入できますよね。

時間をかければ無料でもガチャ石を貯められるのに。

Q. どうして課金してガチャ石を買うのでしょう。
A. 欲しいキャラのピックアップ期間が終わってしまうからです。

短期間でたくさんガチャを回すためには、ガチャ石を課金して購入するのが最も効率的なのは言うまでもありません。

和明さん
和明さん

僕も毎月ウマ娘のガチャに口座残高を搾り取られています。

オンラインゲームの話

戦う戦士たち

例えば。
オンラインゲームにはゲーム中の経験値が常時2倍になる課金アイテムが必ず用意されています。

時間をかければ同じ経験値を稼ぐことができるのに。

Q.どうして経験値2倍アイテムを買うのでしょう。
A.目標のレベルまで最速で効率的に到達するためです。

和明さん
和明さん

とくに忙しい社会人さんだとゲームに割ける時間が限られているので、仲間に置いていかれないためにも経験値2倍のブーストは必須になります。

ベースの話

ベースの写真

楽器の世界にも、短期間で上達するためのレッスンというブースト課金アイテムが用意されています。

お金を払わずに独学でも成長できるのに。

Q.どうして課金してレッスンを受けるのでしょう。
A.早く上達しないと人生で元気に楽器を弾ける期間(ピックアップ期間)が終わってしまうからです。

病気や怪我をしてしまったり、生活の環境が変わってしまったり。
人はいつベースが弾けなくなるか分かりません。

我々にとっては今この瞬間こそが、まさにベースを弾ける期間限定のイベント期間なんです。

貴重なピックアップ期間に、遠回りせずに最速で周りの人よりも上手くなるための効率化アイテム「レッスン」という課金アイテムなんです。

和明さん
和明さん

時間の大切さを知っている人がもれなく有料のレッスンを受けているのは、このピックアップ期間の短さをよく知っているからです!

レッスンに課金する理由

レッスンに課金する意味

  • 大量の情報を収集する時間をお金で買う。
  • 間違った情報を課金してはじいてもらう。
  • 自分に必要な情報だけを紹介してもらう。
  • 短期間で成長するためのブースト課金。
  • 課金することで自分への戒めにする。

レッスンに課金することに理由が欲しい人は、上記のような理由付けを自分のなかに落とし込むといいでしょう。

コンサルティングのステップ

◆◆ができるようになりたい。

◆◆ができるためには●●が必要。

●●を習得するには▲▲の知識が必要。

BASS NOTEのレッスンでは、生徒さんの理想像から逆算して今やるべきことと今後の道筋を明確にします。

和明さん
和明さん

もし僕のレッスンを検討してくださっている方がいれば、この道筋の提示にお金を払っていただければなと思います。

ゴールが見えない無意味な練習の日々から卒業することができます!

【BASS NOTE】
オンラインレッスンについて

レッスンこぼれ話

ピアノを弾く手

あるピアノの先生が

「ピアノのおかげで幸せな人生だったから、恩返しのために月謝は無料にするよ!」

と発表した途端に生徒がどんどん減って、一人もいなくなってしまった。
という話があります。

参考: あるピアノの先生が”教室の月謝を無料化”したら、生徒が減って最終的に0人に→人間はお金を払った方が、物事が長続きしたりする? – togetter

これはですね――。

  • 無料のものには危機感・警戒心を覚える。
  • 安すぎるとクオリティを疑う。
  • 無料で教わっていると罪悪感にかられる。
  • お金を払うからこそ長続きする。
  • お金を払うことで自分の尻を叩いている人も多い。


このような人間の心理が明確に出た結果なんです。

オンラインゲームだって、経験値2倍アイテムを発動させた期間は「せっかく課金したんだから一生懸命レベルをあげよう!」と人一倍頑張るはずです。

レッスンでお金をいただくことに抵抗のある先生には、
 ①生徒さんに罪悪感を与えないため
 ②生徒さんに頑張るきっかけを与えるため
という心構えで、堂々と価格を提示してあげてほしいなと思います。

個人的な見解

本編は終わりです。
最後に、僕の個人的な見解をちょっとだけお話させてください。

最近は無料で良質なコンテンツがネット上に溢れています。
無理してお金を払わなくても、ある程度の知識は入手できるんです。

――ただ、無料の情報量が多すぎるがゆえに独学では効率が悪いんです。

世に無料で溢れている知識100に対して、ピンポイントであなたに有効なものというのは多くても5つくらいしかないんです。

僕も散々遠回りしてきたので、その点に関しては誰よりもよく知っています。
無意味な役に立たない知識や技術を、独学で何年も勉強して身につけてきました。

「そんなことないよ!あれもこれも役立ってるよ!」という人は、まさに今 無意識に情報過多になっている危険な状態にあります。

僕自身が生徒さんに教えるのは、10年以上かけて現場で学んできた知識や技術の中から本当に役立った部分だけです。

その中から、ピンポイントで今のあなたに必要な技術を紹介することができます。
これが課金で得られる時間の効率化だと考えています。


また、少しでもレッスンを検討しているのなら 受けるのは早いほうがいいです。
もし可能なら、初心者の頃からレッスンを受けることをオススメしています。

身体に染み付いてしまった間違った感覚を矯正するのは、先生にとっても生徒にとっても大変な作業なんです。

体の不調も早期発見・早期治療が大切じゃないですか。
それと同じです。

時は金なり。
人生は有限であり、時間というのはこの上なく貴重なものです。

有料のレッスンというのは、その貴重な時間をお金で購入できる数少ない機会のひとつなんです。

和明さん
和明さん

「だから僕のレッスンを受けてね!!」とは言いません。

ただ「みんな、時間は大切にね!」ということだけは声を大にしてお伝えさせていただきたいなと思います!