ベース初心者入門ガイド
ベースの選び方
スポンサーリンク

音符が読めなくても大丈夫!ベース講師によるTAB譜面の読み方解説

ベースを弾いてみよう
TAB譜の読み方講座

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

「ベースを弾きたいんだけど五線譜が読めなくて…」

オタマジャクシが読めなくても大丈夫!

ベースには「TAB譜(タブふ)」と呼ばれる弦楽器用の特殊な譜面が用意されています。

こちらがTAB譜。
BASS NOTEのレッスン記事でも、TAB譜を採用しています。

「○弦の△フレットを押さえてね!」

という表記の譜面なので、五線譜が読めなくても演奏する音が分かるようになっています!

和明さん

四分音符や八分音符といった、音の長さへの理解は少しだけ必要になります!

今回の記事では、TAB譜の読み方についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

ベースのTAB譜の読み方

前述の通り、TAB譜は「何弦の何フレットを弾いてね!」という指示で構成されています。

まずは弦。
TAB譜の4本の線は、それぞれベースの弦を表しています。

一番上が1弦(G弦)、一番下が4弦(E弦)です。
わかりやすいですね!

和明さん

5弦ベースを使う曲の場合には、TAB譜の線も5本になります!


次にフレット。
TAB譜上の数字は、何フレットを押さえるのかを表しています。

上記の例の場合はTAB譜の上から2番目の線、つまり2弦の1フレットを押さえなさいという指示になります。

和明さん

これならオタマジャクシが読めなくても、どこを押さえればいいのか一発で分かりますね!

音の長さについて

TAB譜は基本的に五線譜と一緒に2段で表記されます。
音の長さは、五線譜の表記を見て判断しましょう。

和明さん

ベーシストの命「休符」はTAB譜のほうにも表記されます。
如何に音楽において休符が

「休符を正しく扱えるベーシスト」を目指して練習しましょう!


ちなみに。
TAB譜の数字はだいたい拍に合わせて配置されています。

五線譜の音符がわからない人でも、フレーズの符割を読み取りやすくなっています!

和明さん

数字の配置にも意識しながら練習してみましょう!

TAB譜に使われる記号

TAB譜には、さまざまなベースの奏法を表す記号が表記されることがあります。

よく使われる記号をいくつか紹介します!

ビブラート

ビブラートの記号

スライド

スライドの記号

スタッカート

スタッカートの記号

ゴーストノート

ゴーストノートの記号
和明さん

ゴーストノートはベーシストの魂!
×の記号は見逃さないようにしたいですね!

譜面によって「Gls.」「Vib.」のような文字がついていたり、少し記号の書き方が違う場合もあるんですけど。
基本的にはどれも直感的に分かりやすい記号が使われています!


TAB譜を読んで演奏してみよう。

TAB譜の読み方の練習
※クリックで拡大

練習用のベース向けTAB譜を用意してみました!

簡単なフレーズを作ってみたので、TAB譜を見ながらゆっくりで構わないのでメトロノームを鳴らしながら演奏できるように練習してみてください!

和明さん

模範演奏のトラックはこの下に!
まずは自分で弾いてみてから、答え合わせに再生してみてください!


答え合わせ用演奏
TAB譜の読み方の練習
※クリックで拡大

模範音源ではBPM130で演奏しています。

和明さん

上手に演奏できましたか?
4小節目3拍目の休符がポイントです!

まとめ

  • 横線はベースの弦(上から1,2,3,4弦)
  • 数字はベースのフレット


これでTAB譜の読み方はバッチリですね!

BASS NOTEでは「1週間で五線譜が読めるようになる方法」なんていう記事も書いているので、興味のある方は合わせて読んでみてください!


「リズム感絶対矯正講座」の項目ではたくさんの基礎練習フレーズをTAB譜で紹介しています。
せっかく譜面が読めるようになったので、ぜひこちらの記事を参考にベースの練習して頂ければと思います!


ベースを弾いてみよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE