ベース初心者入門ガイド
ベースの選び方
スポンサーリンク

【初心者向け】超簡単!ベースでドレミを弾いてみよう!

ベースを弾いてみよう
ベースでドレミを弾いてみよう

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「ベースでドレミの弾き方を教えてください」

せっかく手にしたエレキベース。

はじめて楽器を手にしたら、とりあえず最初に「ドレミファソラシド」を弾けるようになりたいのはみんな同じ!

任せてください!
どこよりも簡単に分かりやすく解説します!

今回の記事では、ベースでドレミを弾く方法についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

ベースでドレミを弾いてみよう

まずはエレキベースの1番基本的なフォームから!
こちらが低音域でのドレミの位置になります。

TAB譜が読める方は、上の譜面を参考にしてみてください。

TAB譜の読み方解説はこちらから!


音を鳴らす順番で表記すると、こんな形に。

細かく解説すると、

ド…… 3弦3F(中指)
レ…… 3弦5F(小指)
ミ…… 2弦2F(人差し指)
ファ… 2弦3F(中指)
ソ…… 2弦5F(小指)
ラ…… 1弦2F(人差し指)
シ…… 1弦4F(薬指)
ド…… 1弦5F(小指)

こんな感じに。

和明さん

まずはフレットの番号で「35 235 245〜♪」と覚えましょう!


異弦同音について

ベースの指板上には、同じ音いろんなところに配置されているんです。

和明さん

つまり、ドレミを演奏できる場所は1ヶ所ではない!


上の運指の形を4弦8フレットから始めても同じ音程で演奏することができます。

和明さん

指の形は同じなので、どちらのポジションでも弾けるようになりましょう!


「異弦同音」の理解は、自由にベースを演奏できるようになるための必須項目です!

「指板上の視野を広げる練習」の記事ではいろんな形のドレミを紹介しているので、合わせて参考にしてみてください!

高い音でドレミを弾く

3弦15フレットから始めると、1オクターブ高いドレミを演奏することができます。

まとめ

今回はベースでドレミを弾く方法を紹介しました。

和明さん

音楽の専門用語では「Cメジャースケール」と呼ばれるスケール(配列)になります!


今回覚えた「ドレミ」の指使いは、この先のベース人生の中で一生使い続ける形です。

何度も練習して、スラスラ弾けるようになっちゃいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE