グルーヴを鍛える!ノートをスネアで切る練習をしてみよう

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

「観客の手拍子を裏に誘導できなければベーシストとしては半人前」

という教えを聞いたことはありますか?

例えばHave You Ever Seen The Rain? – Creedence Clearwater Revivalから、こんなフレーズ。

  • 手拍子が表の場合

  • 手拍子が裏の場合

表拍でクラップされると昔の民謡みたいですね(笑)
ライブでこの違いがどうして起こるか、分かりますか?

スポンサーリンク

演奏の真髄は音を止めること

答えは、(ノート)を切る場所です。
下の図を見てみてください。

1.ノートが短過ぎるケース。
高校生バンドさんなどにありがちな演奏。
音を出すことに夢中で、音を止めるタイミングを見失いがちです。
現場でこのような演奏をすると「若いなぁ」なんて言われてしまいます。

音符♩と音符♩の間は、あなたが思っているよりも遥かに長いものです。
次の音符に差し掛かるギリギリまで、目一杯ノートを伸ばしてあげるようにしましょう。

2.ノートが長過ぎるケース。
表を意識し過ぎる人にありがちな演奏。
身体の中で音符を細かく取れていないと、この状態から抜け出せません。
悪い意味で「腰の重い演奏」などと言われてしまいます。

演奏の真髄は音《ノート》を正しい位置で切ることにあります。
音を理想のタイミングで止める練習をしてみましょう!

Lesson

今回の練習フレーズはこちら。
BPM=120に設定してあります。

  • Lesson.1

一番汎用性が高いとされる音を切るタイミングは、スネアドラムの位置です。
1拍目のEの音スネアによって切断される感覚で演奏してみましょう。

2拍目の休符に差し掛かるギリギリまで音を伸ばしてみましょう。

3拍目裏のEの音も同様です。
4拍目の休符に入るまで、しっかりとノートを伸ばして演奏してください。

  • Lesson.2

以前、スネアの位置でメトロノームを鳴らす練習方法を紹介しました。

その感覚を掴むための模範演奏です。


  • Lesson.3

ドラムトラックをミュートします。
メトロノームの設定がBPM=60で、2拍4拍でクリックが鳴っています。

自分が音を切るタイミングとクリックが鳴るタイミングを合わせて演奏してみましょう。

今日のレッスンはここまで!

音を切る位置を意識する基礎練種、いかがでしたか?
発音から休符までの間隔を正しく身につけることで、ベーシストとしてのランクが格段に上がります。

「上手い演奏と下手な演奏の違いは音を切る位置である」と断言しても過言ではありません。

ゆっくりなテンポから練習して、必ずマスターするようにしましょう!

スポンサーリンク




シェアする