曖昧にしていませんか?スタッカートを安定させる練習方法

スポンサーリンク

そもそもスタッカートとは

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマは《スタッカート(staccato)です。

そもそもスタッカートとは。

音符を本来の長さより短く演奏することを指示する用語。

引用: weblio辞書

単純明快。音を短く演奏する断音の記号です。

でもね、例えばこんなGの解放一発の単純な練習フレーズでも。

  • 下手な例

  • 上手い例

ちょっと大袈裟かもしれないけど、前者のように演奏している方が非常に多い!
僕の生徒さんも「これ弾いてみて!」と先ほどの譜面を渡すと、前者ような演奏になる方が大多数です。

この差は何なのか。


音を切る長さ

その答えは断音のタイミングにあります。

上記の図を見てみてください。
の四角が音符です。横幅は音符の長さを意味しています。

のほうは発音のタイミングは同じでも、音を切る位置はバラバラです。これでは「リズム感が良い」とは言えませんね。

  • の例

スタッカートの長さの基準を作りましょう。そうすることで、全体のノリが安定します。

  • の例

ノートの長さについての概念は、こちらの記事で詳しく書いてみました。
Let’s Check!!

具体的な長さ

「音を短く切る」と曖昧な指示で覚えているから、演奏中の音の長さも曖昧になってしまうんです。

なら、どうするか。

具体的なノートを切る基準を決めてしまいましょう。

スタッカートの長さについては諸説ありますが、僕は師匠から《3連の1つ目で切る》と教わりました。

なるほど、これなら「”短く切る”ってドコで切るんやねん」に対する明確な基準が生まれました。

例えば、こんなフレーズ。

4分音符のスタッカートです。
実際の発音は、下記のように4分音符を3つに割って、その1つ目で切った長さで演奏します。

Lesson

それでは、実際に練習してみましょう。

本日の練習フレーズは、冒頭のこちら。
BPM=120、G弦の開放です。

  • Lesson.1

分かりやすいように、3連の表記にしてみました。
《3連の1つ目》で音の長さを安定させてみましょう。

このとき、ノートを3連で数えないで4分音符を刻みながら3連を捉えられるのが理想です。

  • Lesson.2

では、こんな練習はどうでしょう。

体内の3連のリズム感を鍛えます。
《3連の2つ目》まで音を伸ばして断音してみてください。



  • Lesson.3

合奏する相手やその場の空気感によって、必ずしも「3連の1つ目で音を切る」のが正しいとは限りません。

ノートを断音するタイミングが自分の中でコントロールできるようになりましょう。

今日のレッスンはここまで!

慣れてきたら、「3連分の1つ目16分音符の1つ目」なども試してみましょう。

演奏の定義を明確にすることによって、より論理的な演奏が可能になります。

細かいところを曖昧にせずに、自分の中で一つずつルールを定めていきましょう。

本日もありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする