脱腱鞘炎!ベース講師の僕が復帰のために行った3つのリハビリ練習方法

  • URLをコピーしました!
こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。
腱鞘炎の発症から約4ヶ月。
今日の記事では、僕がステージに復帰するまでに行ったリハビリ練習の一部を紹介します。
これから集中的に指を動かせるようになりたい方はもちろん、長年のブランクがある方にもオススメです。

リハビリ

1.基礎

まずはベースを始めたての頃にやるような、基礎中の基礎を作る運指練習です。

こんなのとか。

こんなのとか。

初心に戻って、指の動作する感覚を思い出させました。
同時にメトロノームを使ったリズムの基礎をしたり、右手と左手のタイミングを揃えるための基礎練習も行います。
以前もお話しましたが
演奏のスキルは1日楽器を触らないと3日ぶん、そして3日間演奏しないと1週間ぶん後退すると言われています。
後退してしまったスキルを取り戻すには、また1から丁寧に積み重ねていくしかありません。
これから土台作りを始める方も、練習をサボってしまった方も、まずは基礎練習から始めましょう。

2.スケール

指が動くようになったら、今度は指板の感覚と頭の中の理論を結び付けます。
例えば、下記のようなバッキングを流しながらスケール1発でアドリブをとってみたり。
  • URLをコピーしました!