腱鞘炎で親指が痛い!自宅でできる親指に特化した効果的な治療法

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

腕中が痛かった重度の腱鞘炎。
治癒が進んでだいぶ良くなってきた時、最後に残ったのが親指の痛みでした。

「他は大丈夫なのに、親指の付け根が痛い」

重症時のようなビリッ!としたような激痛は無いにしても、いくらストレッチやマッサージを繰り返しても親指の重さが抜けないんですね。

我々ベーシストにとって、親指は左右ともに演奏には欠かせない大切な指であります。

今回の記事では、腱鞘炎で残った親指の痛みを緩和させた方法についてお話してみたいと思います。
自宅でいつでもできる方法なので、親指の痛みに悩んでいる全ての方に試して頂きたい治療法です。

スポンサーリンク

親指の痛みに効果的な治療法

2本の動画

まずCorrect整骨院さんのYouTubeチャンネルで紹介されている、こちらの動画。

腱とつながっている腕の筋肉をグリグリほぐす、という治療法。

コレがめちゃくちゃ効きました。
僕のステージ復帰を早めてくれたのは、間違いなくこの動画でした。

即効性のあるオススメの治療です。

続いて、西原康博さんのYouTubeチャンネルにアップロードされているこちらの動画。

親指下の窪み、橈骨と尺骨の間、そして鎖骨間のケア。
じわじわと効果を発揮してくれる治療です。

毎日少しずつ身体をほぐすことによって、確実に痛みを軽減していってくれます。
こちらもオススメの治療法です。

低周波治療器

上記の動画で紹介されていたポイントを、低周波治療器で刺激します。

これは、もう生活が変わる商品です。
この治療器のおかげで、整骨院や電気風呂に通う必要がなくなりました。

この記事を書いている今も、鎖骨にパッドを貼ってマッサージしながら執筆しています(笑)

オムロンの低周波治療器HV-F900-JE4の詳しいレビューはこちらの記事にまとめてあります。
ぜひ合わせて見てみてください。

セルフケアもしっかりと

我々演奏屋にとって、指は命です。
音楽の知識だけでなく、指のケアの仕方もしっかりと頭に入れておきたいところですね。

こんな感じの指のサポーターもオススメです。
小指にサポーターをつけてあげると、不思議と親指が楽になります。

私生活の中でも、ダントツで使用頻度の高い親指。
まずは腕の筋肉のマッサージから行ってみてください。

必ず楽になるはずです!

スポンサーリンク




シェアする