【肩こり/腰痛】演奏のアフターケア!低周波治療器HV-F900-JE4

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

腱鞘炎の発症から、約4ヶ月かけてステージに立てる状態にまで回復しました。

が、しかし。
腱鞘炎というのは、それはそれはまぁ実に厄介なもので。

「とりあえず動かせるようになったけど、なんだか違和感が無くならない!」

という残酷な状態が続きます。

残り香のようにうっすら残った、何となくの違和感。何となくの痛み。

腕や指が心なしか重いという、もどかしい感覚に悩まされていました。

そんな違和感を緩和させてくれる素晴らしい商品を見つけたので、本日はそちらを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オムロン HV-F900-JE4

ばばばばん!

オムロンさんから発売されている低周波治療器HV-F900-JE4です。

整骨院なんかに行くとやってくれる低周波治療。
あれのご家庭版です。

電気治療/低周波治療をお目当てに病院に通っていた人は、治療費節約になること間違いなしの品だと思います。
電気風呂に通っていた僕も、経済的にものすごく助けられました。

簡易レビュー

こちらが本体です。
一般的なテレビのリモコンサイズですね。

収納用として、ふわふわ素材のケースが付いてきています。

バッテリーは単四電池が2本。
お試し用の電池が同封されています。

連続駆動時間は、
・1日1回15分(1セット)の使用で3ヶ月
・1日1回15分(1セット)ハイパーモードの使用で2ヶ月
ということになっています。

(15分×30日)x3ヶ月=1,350分

といったところでしょうか。
大まか過ぎる計算(笑)

僕の場合1日に90分は使用しているので、割り算すると15日ほど保つ計算になります。

この消費量だとエネループが必須ですね。
商品レビューを探してみると、実際に充電池を使って動作させている方のコメントがたくさん見つかるので、問題なく使用できるようです。  


電気を伝えるコードです。
導子コードKタイプというものだそうです。

イヤホンかな?

こちらのコードを、

付属のパッドに接続して使用します。
こちらのパッドは消耗品で、粘着力がなくなったら買い換えになります。

買い換え: オムロン 低周波治療器 エレパルス用 ロングライフパッド HV-LLPAD

パッドは水洗いができるので、ある程度は粘着力を復活させて使用することが可能です。

収納用のホルダーもついています。



手元のボタンです。
ご覧の通り、ここで「じっくり・すっきり」とか「肩・腕・腰」とかいろんなモードを切り替えられるんですけども。

これはねー。
あんまり使わないかも。

多分、使ってみると人それぞれお気に入りの刺激があると思うんです。
そればっかり使うことになるんじゃないかなって思います。

僕の場合は腕に使おうが、腰に使おうが、「おす」のモードばっかり使っています。


使い方はとっても簡単。
凝っているところににパッドを貼って、ダイヤルを回すだけ。

フルパワーにすると、場所によっては「心肺蘇生の電気ショックかよ…」っていうくらいの刺激が襲います。

単四電池とは思えないほどの威力です。気をつけましょう。

最大強さ15のメモリまであるのですが、強さ7〜11が僕のお気に入りです。

電源のオン/オフも、側面の強さダイヤルで行うことになるんですけど。

「さーて、そろそら終わりにしようかなー」

とダイヤルを回すと、間違ってパワーを強めてしまって激痛が走ったりすることも。

ビックリします(笑)


まとめ

結論から言うと、めちゃくちゃいい買い物をしました。

腰痛や肩こりは、ベーシストの宿命です。
僕の腱鞘炎も、この低周波治療器によって大幅に軽減しました。

我々演奏屋の悩みを解決してくれる頼れるやつです。

家での身体のケアはもちろん、歩き疲れる旅行にもオススメですね!

同価格帯の似たような機種OMRON HV-F128との比較について非常にためになるレビューがありました。

購入の際は、一度こちらのレビューを読みでみて下さい。

OMRON HV-F900-JE4、めちゃくちゃオススメです!
楽器のせいで身体にストレスを感じている全てのミュージシャンに是非試して頂きたい一品です。

スポンサーリンク




シェアする