ベースの演奏を上達させる!8割の人は知らないたった1つの意識改革

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「ベースの上達に欠かせない重要なことを、ひとつだけ教えてください」


「試行錯誤と継続あるのみ!!」

…というのは、もうBASS NOTEのあちこちで語り尽くしてきたので。

今回は普通に練習していては絶対に身に付かない「意識」の部分についてお話してみようかなと思います。

意識の持ち方ひとつで、今まで演奏していたフレーズが見違えるほど上手く聞こえるようになります!

スポンサーリンク

ベースの上達の妨げについて

というのもですね。

世の中のアマチュアベーシストさんは、
オケに合わせて演奏している人が多過ぎるんです。

和明さん
「!?」って思った方。
是非読んでいってください。


自分が気持ち良くストレス発散したいだけなら、それでも全く問題ないんですけどネ。

もし、本気でベースが上手くなりたいのであれば今のままだとマズいです。
▶︎何を練習したらいいのかわからない!ベースの正しい練習方法とは?

オケに合わせた練習に潜む危険

ダメ!

「オケを流しながら演奏する」のは全然良いんです。

「オケに合わせて演奏する」のが危険なんですね。

和明さん
音源や動画を流しながら練習するのは、とっても大切な練習です!

ただ、そのやり方について注意です。


オケを頼りに演奏するような練習を続けるのは、演奏の腕の上達を妨げる原因になってしまいます。

そもそもベースは、その名の通り「音楽の中枢(土台)」を担当する楽器です。
土台としての絶対的な安定感と、場の空気を支配するグルーヴ感を鍛えることで真価を発揮します。

そんな大黒柱が、ほかの楽器に寄りかかってフラフラしているようではベース本来の役割を担うことはできませんよね。

ベースの上達に必要な意識改革

なるほど!

オケを流しながら演奏する際に、

「自分がオケを引っ張る」ことを意識して演奏してみましょう。

「オケが自分に合わせてくる」「自分がオケを先導している」という感覚の中で練習できるのが理想です。

和明さん
「走った演奏をしよう!」なんて意味では無いので、くれぐれを誤解しないように!


オケのビートに頼らずに、自分の芯からグルーヴを発することを意識しましょう。

オケに乗せて演奏する感覚でいると「オケが先導してくれている状態」から抜け出せなくなってしまいます。
そうなると、いざライブに放り出された時に安定感を失います。

前進し続けるようなビートを叩き出せるようになると、「自立した演奏」ができるようになります。

自分のベースに合わせて、気持ちの良いタイミングで他の楽器(オケ)が鳴ってくれる。

そんな練習ができるようになりましょう!

和明さん
自分がオケについていくような演奏練習は卒業です!

メトロノームとセッションする感覚

「スネアの位置でクリックを鳴らそう」という記事で、メトロノームとセッションする感覚についてお話をしました。

「自分がグルーヴを引っ張っている感覚」は、オケを使った練習のときだけではありません。

メトロノームで練習をする時も「クリックが自分に合わせてくれている」ぐらいの感覚で演奏できるようになりましょう。

クリックを追いかけるような演奏を続けていても上達しません。

和明さん
自分がクリックを先導するようなグルーヴを埋めるようになりましょう!

まとめ

  • 周りに寄りかかった演奏は辞める!
  • 常に自分が先導することを意識する!

不思議なことに、同じフレーズを演奏していても「プレイヤーの思考」が違うと出音も全然違うものになります。

「自分がオケを安定させてあげる」ぐらいの気持ちで、演奏するようにしましょう!

ベースラインを聴いただけで、周りの人の体が勝手に動き出してしまう。
そんな演奏ができるようになりたいですね!
R

リズム感絶対矯正講座
スポンサーリンク




シェアする