G&L L-2000のネックが弱いって本当?経験則からお答えします

G&L L-2000のネックは弱い?

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「G&L製の楽器はネックが弱いと聞きました。本当ですか?」

あちらこちらで見かける「G&Lのベース、ネックが弱い説」。

最高峰の性能を誇るL-2000ですが、
「ネックがぐにゃぐにゃ曲がるよ!」
なんて話を聞いたら、お迎えをためらってしまいますよね。

G&L L-2000

筆者の愛妻はG&L USA L-2000のカスタムオーダーメイドモデルです。
L-2000はもはや僕の身体の一部!。

このBASS NOTEも「【G&L】究極のエレキベースG&L L-2000の魅力を徹底解説します!」という記事で一躍有名になりました。

そんな、自称G&Lの第一人者の僕がお答えしましょう!

今回の記事では、G&Lのベースのネックについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

G&Lのベースのネックは弱い?

L2000のヘッド

まずは結論から。

過去7年の間にUSAを2本・Japan Premiumを1本、合計3本のG&L製のベースを所有してきましたが、ネックが弱いという印象は全くありません。

  • ネック一体型のメイプル指板のモデル
  • メイプルのネックにエボニー指板のモデル
  • メイプルのネックにローズウッド指板のモデル

僕が使用しているL-2000のネックは、いずれも問題なく安定しています。

和明さん
お世話になっている調整士さんにも「全然反らないねー」と言われるほど安定しています!

G&Lのネックは個体差が激しい?

ネットに書き込まれている話だと

製造された年代や個体差によって、その安定性は左右される

というのが定説です。

ですが。

僕自身が今のところ百発百中でアタリ個体を引いている上に、
他のG&L L-2000 Japan Premiumを所持しているプレイヤーの方も「ネックが弱いという印象はないよ!」ということなので。

僕の中では「G&Lのネックってそんなに弱いかなぁ。全然安定していると思うんだけどなぁ。」という感想が揺らぎません。

和明さん
普通に管理している分には、全く問題ないと思います。

参考までに。

僕の所持している個体は、1991年以降に製造されたモデルです。
最新のものでは、2011年製のモデルです。

D'Addario ECB80

また、僕は一般的に「テンションが強い」とされるフラットワウンド弦を愛用していますが、ネックのコンディションは安定しています。
▶︎【D’Addario ECB80】ダダリオ製フラットワウンド弦のレビュー

まとめ

  • G&L製のベースのネックは、言うほど弱くない!

もちろん、保管環境や弦のゲージ、個体差にも左右されると思います。

ただ「そこまで神経質に悩む必要は無いんじゃないかな」という印象です。

G&L Tribute(インドネシア製)に関しては、正直アタリ個体を引きにくいイメージです。

生徒さんのG&L Tribute L-2000を調整した際に、とにかくメンテナンスしにくくて。

あ…、楽器自体が歪んでる……。

なんて思った経験があります。
【調整】ベースのオクターブチューニングの合わせ方を徹底解説!

Tributeの個体を、そこまで数多く見てきたワケではないのでテキトーなことは言えないんですけど。
参考までに。

USA、Japan Premiumのモデルは、どちらもコンディションの安定した素晴らしいベースです!!

スポンサーリンク




シェアする