ベースのオクターブチューニングの合わせ方を分かりやすく解説!

サムネイル

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

最近、ハイフレットのほうでコード弾きをする度に何だか違和感を覚えていました。

「これは…オクターブチューニングが狂ってる!」

音程には人一倍敏感な筆者。
微々たる誤差なのですが、これは調整しないと気が済みません。

皆さんはオクターブチューニングの誤差、ちゃんと対処していますか?

今回の記事では、オクターブチューニングの調整についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

オクターブチューニングとは

モノクロのジャズベース

これはもう、フレットのある楽器の宿命だと思うんですけど。

いくら開放で正確にチューニングを合わせても、弦のテンションやネックの歪みなどの関係で高音側になるにつれてピッチに誤差が生じるんですね。

これが、いわゆる「オクターブチューニングがズレている」状態です。

ブリッジのサドルを微調整してやることで、この誤差を調整することができます。
その作業をオクターブチューニングと呼びます。

ネックの反りや弦高を直した後などはチューニングが狂いやすいので、必ずオクターブチューニングを確認するようにしましょう。

オクターブチューニングの合わせ方

開放で合わせよう

開放弦でチューニング

まずは開放弦の実音12フレットのハーモニクスを使って、いつも通りに開放でチューニングを合わせます。

この時、可能な限り精度の高いチューナーを使用するようにしましょう。

僕はメンテナンスの際には、±0.1セントのピッチ精度を誇るKORGのPitchblack PORTABLEのストロボモードでチューニングしています。

12フレットの実音で合わせてみよう

12フレットを押さえてチューニング

次に、12フレットを押さえてチューニングします。

この時は、できるだけ優しく押弦するようにしましょう。
強く押さえると、それだけ#(シャープ)してしまう可能性があります。

G弦12フレットの実音が少し高いですね。
調整してみましょう。

サドルを動かす

サドルのネジ穴

ブリッジのお尻側にあるサドルのネジを、ドライバーを使って微調整します。
基本的にはプラスドライバーを使用します。

ネジを締めると高くなる、ネジを緩めると低くなる

サドルをエンドピン側に動かすと音が低くなります。
逆にネック側に動かすと高くなります。

今回は音が少し高めなので、ネジを締めて音を下げてやります。

音程を確認しながら少しずつネジを回してあげるようにすると、失敗せずに調整することができると思います。
少しサドルを動かす度に、音を鳴らしてみるようにしましょう。

調整完了

サドル調整前と調整後の比較

じゃじゃん。

G弦12フレットの実音での音程が安定しました。

調整前と後のサドルの比較です。
かなり動かしましたね。

各弦の調整が済んだら、もう2〜3回E弦から順番にチューニング・オクターブチューニングを確認するようにしましょう。

一度テンションのバランスを崩す作業をしているわけですから、当然他の弦のチューニングが不安定になっている可能性があります。

①開放弦のチューニング
②12フレットで実音を鳴らす
③12フレットでハーモニクスを鳴らす
④チューナーで確認して差が出たらサドルを動かす

この4つの手順を何度も繰り返します。

確認に確認を重ねて、精度を高めていきましょう。


精度は命

単独で。合奏で。
和音を奏でる我々演奏屋にとって、ピッチの精度は命です。

チューニングが正確だと、和音の響きがより豊かになります。

音響に含まれる倍音の共鳴の話とか、この理由を音楽的にお話すると凄く複雑になってしまうので今回は割愛します(笑)

比較的簡単に行えるメンテナスなので、興味のある方はぜひ自分で試してみて下さい。
大事な楽器をもっともっと可愛がってあげましょう!

スポンサーリンク

シェアする