スポンサーリンク

ベースは賃貸アパート・マンションでも練習できる?苦情とか大丈夫?

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「エレキベースはアパートで練習できますか?苦情が来たりしますか?」

賃貸物件と楽器の練習。
とくに一人暮らしをしている学生さんなんかは、騒音の苦情について気になるところですよね。

今回の記事では、賃貸アパートでの練習についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

賃貸でのベースの練習と騒音の苦情

まずは経験則からのお話。

僕は高校を卒業してから専門学校のために都会に出てきて以来、ずっと賃貸(アパート)暮らしです。
比較的静かな部屋も、隣人の咳払いが聞こえてくるような部屋も、色々経験してきました。

楽器を弾くために一人暮らしを始めたので、当然学生時代は毎日朝から晩まで演奏の日々です。

が、今までに苦情を言われたことは一度もありません。

特別「楽器可」みたいなところに住んだことはありませんが、今のところはまだ大丈夫です。

今でこそ基本的にはヘッドホンですが、機材が揃っていない貧乏学生時代にはばんばんアンプから音を出していました。

それでも苦情の通達は疎か、壁ドンも未経験です。

なので、

「そんなに神経質にならなくても、意外と大丈夫じゃないかな」

というのが僕の経験からの答えです。

ただ、

ちょっと待った!

苦情は受けたコト無いんですけども。
正直ベースの練習は、騒音の面では非常に危険です。

その辺りの雑学を少し書いてみますね。

ベースは生音でも騒音になる可能性がある

生楽器に比べると、エレキベースの生音なんてたかが知れていますよね。
自分の話し声よりも小さいくらいだと思います。

が。

弦楽器は空気を振動させる力が強いので、実は自分で聴こえているよりも遥かに隣の部屋に響いています。

特にベースが担う低音域の音には指向性がないので、空気の振動は障害物をすり抜けて部屋全体に伝わります。

重低音をブンブン漏らしながら走っている車を見たことがあると思います。
まさにあの現象です。

瞬間的なアタック音なども空気を大きく振動させる要因になるので、力加減をコントロールできないうちは深夜に下品なスラップの練習なんて御法度です。

アパートでベース練習するときの騒音対策

まずは、上の項目で書いた生音問題に関して。

一番簡単で効果があるのは、壁から離れること。

壁際によせられたベッドの上とか、隣の部屋と近い所で弾くのは避けましょう。

そこを気にするだけで、生音に関する騒音問題はかなり軽減します。

可能なら、こんな感じの吸音材を壁などに貼ると良いでしょう。
▶︎SOUND HOUSEで吸音材をチェック!

ただ、これはあくまで吸音材。
防音材ではないので、爆音を軽減させられるわけではありません。

低音による空気の振動を軽減させるものです。

卵のパックなんかでも効果があるので、練習スペースの廻りに並べてみるのも良いかもしれません。

アンプからの出力に関して

アンプで音を出して練習したいときには、時間と音量を考慮するようにしましょう。

時間に関しては「21:00を過ぎたら練習はおしまい!」みたいな常識の範囲内のマイルールを作り、絶対に破らないようにします。

音量に関しては、日中であっても可能な限り抑えるようにしたいところですね。

時間も音量も「このくらいなら大丈夫でしょw」という甘えた妥協は命取りになります。

可能であれば、ヘッドホンによる練習をオススメします。

僕はDIからミキサーを通してヘッドホンに出力しています。
▶︎演奏動画の撮り方や撮影機材について

楽器に直刺ししてイヤホンで練習ができるVOX amPlugという商品も販売されています。
こちらはアンプモデリング搭載で、アンプからの出力サウンドを再現できる優れもの。

お値段もお手ごろ、小型で場所も取らないので非常にオススメです。

地域や環境によりけり

例えば。

今の僕の部屋は角部屋です。

隣はずっと空き部屋。
下の階は駐車場。
上の階は夜遅くまで帰ってこない人。

そこそこ恵まれた環境なので、割と自分が気持ちよくなれるような音量を出していても文句を言われたことはありません。

周りが常にうるさい繁華街の街中に住んでいるとか。
上下左右にファミリーが住んでいるとか。

そういう環境によって、音を出せる時間や音量は変わってくるでしょう。

正しい判断で、周囲に迷惑をかけない練習を心掛けたいですね。
▶︎楽器を弾くと家族に「うるさい」と怒られる!「やめろ」と止められる!

周囲から苦情が入る前に練習を切り上げる!
短時間で集中して行える効率の良い練習方法なんかも紹介しているので、お時間があれば合わせて見てみてください。

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE