良い先生と悪い先生の違いとは?現役ベース講師が語るレッスン教室の正しい選び方!

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「ベースを習いに行こうと思っているのですが、レッスン教室はどんな基準で選ぶといいのでしょうか」

大手企業から個人経営の教室まで、全国には無数のレッスン教室が存在します。

選択肢が多いため、何を基準に選べばいいのか悩んでしまいますよね。

値段が安いか?
通いやすいか?

今回の記事では、レッスン教室の選び方についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

レッスン教室の選び方

「何はともあれ、まずは体験レッスンを受けてみよう!」というのが一般的な回答だと思うんですけど。

正直、僕は体験レッスンでは先生の本質は分かりにくいんじゃないかなと思います。

1〜2回の体験レッスンでその方針や先生の人間性を見極めるのは、時間も情報量も少ないのであまり現実的ではありません。

そして何より、教室側も生徒を獲得するために所謂「営業モード」で接してくるはずです。

例えば専門学校に入学するときも

「オープンキャンパスに参加したときにはめちゃくちゃ褒めてくれたのに、いざ入学してみたらボロクソ言われた」

みたいな話もよく聞きます。
実際、僕の時もそうでした(笑)

では、どこで判断するのが良いのでしょう?

先生への憧れや尊敬の念が大切

先生の演奏している姿を見たときに、
「すげぇ!」
「うめぇ!」
「かっけぇ!」
と思えるか否かが大切です。

可能なら、それをネットやライブなどで事前に見ることができて

「前々からこの人に教わってみたかったんだ!」

と思えるような方に教わるべきでしょう。

「この人みたいになりたい」という意思があると、その張本人からの言葉には説得力が出るし、当然それを素直に参考にしたいと思うはずです。

逆に先生に対して理想を抱けなかったり懸念があるようだと、先生の言い分にも疑ってかかるようになってしまいますからね。

まずは先生に憧れを抱けるか、が重要な判断ポイントになってくると思います。

良い先生と悪い先生の違い

教え方に正解は無いので、良い先生と悪い先生の差って難しいんですよね。

人によってビルドが違うので、当然個々の音楽に対する価値観とか意識には差があるんです。

それに合わせてレッスンの内容も変わってきます。

例えば、僕の場合は元々楽器初心者の学生さんを中心に教えていたので

「本質が大体分かってればおっけー☆」
(その人が)楽ならそれで正解!」

という、早い段階で実戦で戦えるところまで成長するのが目的のゆるふわプランです。

その一方で

「基礎の基礎から固めていきますよッ」
「妥協は許しまへんで!俺を目指せ!」

という僕とは真逆のガチガチ教育の方も必ずいらっしゃると思います。

それぞれ講師の方は自分の美学に沿ったレッスンを行っているはずなので、一概に何が良くて何が悪いかという話でもないんです。

先生と自分との相性はどうなのか、という点を重視して判断したいところですね。


先生の上手さは関係無い…?

この記事を書くにあたって、

  • どうして僕のレッスンを選んでくれたのか
  • どうして継続してレッスンを受けてくれているのか

を生徒さん達に訪ねてみました。

その回答がこちら。

「好きな曲の演奏動画をアップしていたから」
「ブログの書き方が好きだったから」
「性格が合うから」
「褒めてくれるから」

他にもいろんなお言葉を頂いたんですけど。

楽器の上手さで選んでくれた人は、ほぼゼロでした(笑)
つらい。

まとめ

  • 先生のことを心から信頼できるか。
  • 指導を素直に受け入れたいほど、先生に憧れられるか。
  • 次回のレッスンが楽しみで仕方ないか。

そういうところから選んでみると、より一層あなたの音楽ライフが有意義なものになるでしょう!

伸び盛りの時期にどんな解釈で教わったかで、その後の自身の思考を丸ごと変えてしまいます。

ものによっては今後の一生を左右するレッスン教室選び。
自分の感性を信じて、悔いのない選択をしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする