独学でベースが弾けるようになりたい!どんな練習をしたらいいの?

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「独学でベースを弾けるようになるためには、どんな練習が必要ですか?」

レッスンに通うお金や時間が無い!
親がレッスンを許してくれない!

ご安心下さい。
そんな方のためのBASS NOTEです。

正しい練習を続けていれば、独学でも必ず弾けるようになります。

今回の記事では、独学でベースが弾けるようになるための練習方法についてお話してみたいと思います。

完全にゼロからのベース初心者で右も左も分からない!という方は、先に「初心者向け!ベースを買ってきたらどうやって練習すればいいの?」という記事を読んでみてください。

オススメの教則本や、最初の練習方法について紹介しています。

スポンサーリンク

「ベースが弾ける」ってどういうこと?

「どれくらい練習したらベースを弾けるようになりますか?」という記事で『何をもってして弾けるということを指すのか』というお話をしました。

  • 曲が弾ける
  • 人前でライブができる
  • セッションに参加できる

人それぞれ、いろんな基準があると思います。

今回の記事では

「弾きたいと思った曲を、何でもある程度弾けるようになるレベル」

を目指した場合の独学練習方法を紹介することにします。

独学でベースが弾けるようになるための練習方法

何はともあれ基礎練習

どんなに一流のプロの方も、毎日の基礎練習は欠かしません。

もちろん、僕自身も学生時代から未だに続けている基礎練習がたくさんあります。

リズムトレーニング

まずは「ベーシストのためのメトロノームを使ったリズム感絶対矯正講座」の中にある、各レッスン記事の内容をオススメします。

指を動かせるようになるための運指練習と、ベーシストに必要なリズムトレーニングを同時に基礎からしっかり行える項目です。

特に!
リズムが安定しているのは、ベーシストとしての最低条件です。
リズム感のないベーシストに存在価値はありません。

リズムトレーニングは絶対に避けては通れない道!
必ず練習しましょう!

運指練習

そして、「運指練習のカテゴリ」
実際にレッスンの教室で習うような運指練習を紹介しています。


最低限「リズム感矯正講座」「運指練習」のページを読んでいただければ、ベーシストとしての土台作りには十分かなと思います。

和明さん
普段、ベース講師の僕が生徒さんとのレッスンで行なっている内容をまとめてあります。

▶︎ベーシストのためのメトロノームを使ったリズム感絶対矯正講座
▶︎カテゴリ: 運指練習

楽曲の練習

独学でベースを修得するとなると「とにかく場数をこなす」ということが大切になってきます。

弾いてみたい曲を片っ端から弾いてみる。

独学においては、これが何よりも成長できる練習方法です。

「○○○(弾きたい曲名) ベース TAB」みたいなワードで検索をかければ、いくらでもベース用の楽譜が見つかると思います。
どんどん曲を練習していくのが上達への近道です!

和明さん
闇雲に弾いても成長しませんよ!
あくまで基礎練習をきちんとしているコトが前提です!

もちろん、耳コピができる方はTAB譜を探す必要はありません。

BASS NOTEではオススメの練習用楽曲も紹介しているので、ぜひ演奏してみてください!
▶︎ベーシスト向け!ベース講師が選ぶオススメの練習用楽曲10選


独学で更なる高みへ

ベースラインの耳コピに挑戦してみる

「ベーシストのための耳コピ完全攻略道場」

早い段階でTAB譜から耳コピにシフトできると、ベーシストとしての技量が格段に跳ね上がります。

音感が鍛えられれば、ベースラインの細かいニュアンスの出し方まで正確に再現できるようになってきます。

和明さん
TAB譜では読み取れない、本家のベーシストさんのクセをコピーしたりできるようになりますね!

「耳コピ完全攻略道場」では、ベースの耳コピのコツアプリを使ったベースラインの耳コピ法などを分かりやすく紹介しています。

TAB譜に依存した練習から、一歩先へ進みたい方!
ぜひ耳コピ技術の習得を検討してみてください!

音楽理論を勉強してみる

「理論派ベーシスト育成計画」

独学だと、ついつい後回しにしがちなんですけど。

音楽理論が分かるようになると、

耳コピがものすごく楽になったり。
覚えた曲を忘れにくくなったり。
初めて会う人と自由にセッションができるようになったり。

たくさんのメリットが得られます。

和明さん
音楽理論を知っていると、共通言語でバンドの打ち合わせも効率アップ!

独学である程度弾けるようになった方。
普段の練習では今ひとつ物足りなくなってしまった方。

まずは「理論派ベーシスト育成計画」から、音楽理論の世界に触れてみてはいかがでしょうか…!

まとめ

  • リズムトレーニング
  • 運指練習
  • 楽曲の練習
  • 耳コピの練習
  • 音楽理論の勉強

ベースは独学でも、十分に演奏できるようになる楽器です。

人生は有限。
効率の良い練習方法で、どんどん技術を伸ばしていきたいところですね。

BASS NOTEでは、ベーシストの皆さんの独学に役立つ記事をたくさんご用意しています!

ぜひ、このページをブックマークして各レッスンに挑戦してみてください!

スポンサーリンク

シェアする