スポンサーリンク

メジャー系の曲にマイナーペンタトニックをねじ込むとかっこいい!

メジャー系の曲にマイナー系スケールをねじ込む!

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

『10分で分かる!ベーシストのためのジャズアドリブ入門講座!』の”オルタードのフレーズをぶっ込む”というテクニック、たいへん参考になりました。

ぶっ込むだけでオシャレになるフレーズやテクニックが他にもあれば、教えていただきたいです」

メジャーキーの楽曲にマイナー系スケールをぶっ込む超オシャレ奥義を伝授します!

文字で書いてみると

「そんなコトして不協和音にならないの…?」

という声が聞こえてきそうな掟破りの技なんですけども。

使いどころをばっちり抑えておけば、ガラッとブルージーな空気感を漂わせることができる強力な切り札です!

以前、ウォーキングベースラインに関する記事で「わざと音を外す」ことでオシャレになるテクニックを紹介させていただきました。

今回は、それに近いテクニックをひとつ紹介します!

スポンサーリンク

メジャーキーの曲でマイナーペンタトニックを使う!

Fマイナーペンタトニックのフレーズ

じゃじゃん。
今回ご紹介するのは、こんな感じの小技です。

和明さん

まさにブルージー…!
カッコいいですね!


「メジャー系の曲に、マイナーペンタトニックスケールをぶっ込む」

この荒業を効果的に楽曲に織り込むためには、特定の条件下でぶっ込む必要があります。

マイナーペンタをかっこよくぶっ込めるタイミング

とくに効果的にぶっ込めるタイミングは下記の2つ。

コード進行が

  • Ⅲ-Ⅵ-Ⅱ-Ⅴ
  • Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ

という形で構成されているところが狙い目です。

和明さん

曲のエンディング部分などでよく見かける、定番のコード進行ですね!

例: Days of Wine and Roses

和明さん

ジャズのスタンダード曲「Days of Wine and Roses(酒とバラの日々)を例に解説します!

「酒バラ」のコード進行

まずはコード進行から。

酒バラのコード進行

こちらが今回のサンプル。
「酒バラ」の最後の8小節のコード進行です。

典型的な練習用進行

ばばばばん!

分析してみると、なんとマイナーぶっ込みポイントである「Ⅲ-Ⅵ-Ⅱ-Ⅴ」「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」がいっぺんに並んでいることが分かります!

和明さん

まさに今回の練習のために作られたような、教材として最高なコード進行ですね…!

この後半4小節に、Fマイナーペンタトニックをぶっ込んでみましょう!

Fマイナーペンタトニックスケールについて

Fマイナーペンタトニック・スケール

「酒バラ」がKey=Fの曲なので、同主調のFマイナーをぶっ込みます。

「ベーシストのための初心者向けセッション講座!」の記事で紹介した、マイナーペンタ強化Verが使えます!

和明さん

通常のマイナーペンタトニックスケールに「2nd」と「♭5」の音を足した、おしゃれなスケールです!

メジャーキーの曲でマイナーペンタを弾く実例

典型的な練習用進行

模範音源はBPM=150で演奏しています。

前半4小節は酒バラのメインテーマを弾いています。
5小節目からのマイナーペンタトニックのフレーズを弾いて、最後は「酒バラ」の1小節目にあたるメジャー系の音に着地しています。

和明さん

「デキるプレイヤー」が弾きそうな雰囲気に仕上がりますね!

マイナーペンタトニックフレーズのTAB譜

Fマイナーペンタトニックのフレーズ

(※タップで拡大)

演奏しているフレーズの楽譜はこんな感じ。
丁寧にマイナーペンタトニック(強化Ver.)をなぞってみました。

和明さん

いろいろ試して、オリジナルのFマイナーペンタトニックフレーズを弾いてみましょう!

まとめ

  • Ⅲ-Ⅵ-Ⅱ-Ⅴ
  • Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ

  • 上記のコード進行のうえで同主調のペンタトニックスケールを弾いてみる!

メジャー系で優しい雰囲気の「酒バラ」が、4小節でガラッとカッコいいイメージに早変わり!

ポイントを抑えておけばどんな楽曲にも応用できる「お手軽ワザ」なので、ぜひ身につけてみてください!