【音楽理論の要】超重要!ダイアトニックコードを理解しよう

  • URLをコピーしました!
ダイアトニックコードについて
こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

Theme

「ダイアトニックコードを理解しよう!」

Answer

すべての根源!
これを知らなきゃ何もできない!

そんな音楽理論の原点にあたる部分を勉強してみましょう!
ダイアトニックコード。
すべての音楽の基盤になる部分です。
算数で例えるなら「足し算のやり方を勉強しよう」みたいな部分です。
和明さん
音楽理論を買うと、必ず一番最初の項目に書いてあるような内容になります!
  • 楽曲のKeyの判別
  • コードの仕組み・構成音
  • 演奏に使える音の分析
などなど、音楽理論に関係するほぼ全ての項目でダイアトニックコードに関する知識が必要になってきます。

生徒さん
だいあとにっくこーど………?
というプレイヤーでも大丈夫!
この記事を読み終わる頃にはしっかり理解できるようになります!
知っておくと便利な事前知識
度数の考え方について
【度数について】初心者のための度数の数え方【ディグリーネーム】
コードの読み方について
【コードの読み方について】初心者向け!コードネームを理解しよう
コードの仕組みについて
【コードの構成について】和音の仕組みを理解しよう

ダイアトニックコードの勉強の前に

ダイアトニックスケール上に成り立つコードのことです。
生徒さん
は?
ダイアトニックスケールとは「5つの全音と2つの半音で満たす音階」のことで全音階と呼ばれます。
生徒さん
なんて????


……ダイアトニックコードを理論的かつ真面目に説明していくと、間違いなくこんな感じになってしまうので。

BASS NOTEでは、超わかりやすく完結に、必要最低限な部分だけを抜き取って解説していきます。
和明さん
効率重視! 最速でダイアトニックコードを理解していただきます! 厳密な知識を勉強したい方は、別途詳しく調べてみてください。

ダイアトニックコードとは

ダイアトニックコードの基本

Key=Cのダイアトニックコード
「Key=Cのダイアトニックコード」
こちらはKey=Cのダイアトニックコード。
この7つのコードが、Key=Cの楽曲に使用されるメインのコードの一覧になります。
和明さん
もちろん、アレンジによってダイアトニック以外のコード(ノンダイアトニックコード)もたくさん登場してくるんですけども。 基本的には、楽曲に使用されるコードはこのダイアトニックコードの中から構成されることになります!
このダイアトニックコードの構成を理解するために――
I△7 IIm7 IIIm7 IV△7 V7 Vim7 VIIm7(♭5)
まずは上記の図を丸暗記しましょう!
これはもう、こういうものなんだと割り切って覚えましょう。
和明さん
これが「ダイアトニックコードとは」の答えです! これを覚えるだけで9割理解したことになります!
僕は専門学生の頃に、とくに詳しい説明も無いまま声に出して暗記させられました。
今はよく分からなくても後々になって必ず役に立つ知識なので、絶対に丸暗記したい構成です!

Ⅰ 度メジャー
Ⅱ 度マイナー
Ⅲ 度マイナー
Ⅳ 度メジャー
Ⅴ 度メジャー(だけどセブンス)
Ⅵ 度マイナー
Ⅶ 度マイナーフラットファイブ
覚え方のコツとしては、
1度・4度・5度はメジャー系。
残りはマイナー系になります。
和明さん
専門学校で覚えるときは「ドーレーミーファー♪」の音程で「1メジャー2マイナー3マイナー4メジャー♪」って歌わされました。

ダイアトニックコードの機能について

コードの機能TSTSDTD
丸暗記ついでにもうひとつ。

ダイアトニックコードには、それぞれ「機能(Function)」が割り当てられています。
こちらも音楽を勉強していくうえで非常に重要になるものなので、あわせて覚えちゃいましょう。

  • URLをコピーしました!