ドミナント・モーションとは?

ドミナント・モーションとは

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

「ドミナントモーションってなんですか?」

ジャズを勉強する上で、間違いなくお世話になるのが「ドミナント・モーション」です。

いざジャズを始めてみてから「ここはドミナントモーションしているからオルタードのフレーズが使えるよ!」なんて説明を受けても、何のことやらちんぷんかんぷんですよね(笑)

今回の記事では、ドミナント・モーションについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドミナント・モーションとは

僕はこの質問には、必ずこう答えています。

「お辞儀のアレです。」


小学生の頃、ピアノの音に合わせてお辞儀をしましたよね。
ちゃーん、ちゃーん、ちゃーん♪
あの進行こそが、もっとも身近なドミナント・モーションです。

ちなみに基本的には「ドミナント・モーションしている」という使い方をする動詞になります。

ドミナント・モーションの発動条件

ドミナント・モーションとは、ある条件が重なったコード進行のことを言います。

①7thコードがでてくる。
②次のコードが4度上(5度下)の音である。

上記の2つがドミナント・モーションの条件です。

最初に説明した「お辞儀のアレ」で詳しく解説してみます。

C△7-G7-C△7

こちらがお辞儀のコード進行(ジャズアレンジ)です。

条件① 7thコードが出てくる。

この場合はG7がドミナントモーションのトリガーです。

条件② 次のコードが4度上に進行している。

Gから見た4度上の音はCなので、条件を満たしています。
つまり、このコード進行は「ドミナントモーションしている」ということになります。

ちなみに、この場合の着地コードはメジャーでもマイナーでも構いません。
どちらもドミナント・モーションの扱いになります。

指板で分かるドミナント・モーション

「4度上(5度下)」なんて言われても分からない!

そんな人のための超お手軽判別方法をご紹介!

現在の音から見て、

隣の弦の同フレットが4度上の音。
そして、そのオクターブ下が5度下の音になります。

7thコードから上記のフレットに移動する進行が「ドミナント・モーションしている進行」になります。

ジャズの演奏では、常にドミナント・モーションしている部分を意識する必要があります。

積極的にドミナント・モーションしている所を分析して、ドミナントフレーズをぶち込んでやりましょう!

スポンサーリンク




シェアする