今すぐ分かる!ベーシストのための度数の数え方

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回の生徒さんからの質問はこちら。

「度数の数え方がよく分かりません」

実は意外と正しく理解している人が少ないコード上の度数の数え方

理論を読み解く時はもちろん、アドリブを勉強する際にも度数の概念は必須です。

音楽の度数を数える時に大切なコツはたった1つだけ!
この記事では、そのコツを徹底的に解説します!

スポンサーリンク

そもそも度数とは

難しいことは言いません。
要するに度数とは、音楽における音程の数え方です。

英語ではdegreeなんて言われます。

ルートとの音の差を数えるための数字が度数です。
細かい定義は実戦の中で覚えていきしょう(笑)

今大切なのは、とりあえず正しく数えられるかどうか。
それだけです。

度数の数え方のコツは1つだけ

Cメジャースケール

今回は、1番なじみのあるCメジャースケールで説明します。 

CDEFGAB
1234567

大切なのは、ルート(主音)を1度として数えること。

覚えるまで何度も言いますよ!

ドレミ1度です。
ルートから数えます。最初の音が1です。


覚えましたか?

メジャーとマイナーを区別するための3rdは、もちろんルートから数えて3番目。

実戦においてのベーシストの強い味方、5度。
当然Cから数えて5番目です。

補足:7thより上の数え方について

スケール上で7の次の高いド8度(オクターブ)高いレ9度というように、数字は続いていきます。

ジャズの世界なんかで見る9th、11th、13thも、同じようにルートから数えた数字です。

慣れてくると、こんな感じで捉えられるようになってきます。

あくまで必要になればですけどね笑
現場で即興で《音の対話》とかをしないのであれば、1234567だけ分かれば十分戦えます。

最後にもう一回!

スケールもコードも数え方は一緒です。

最初の音が1度です。

I-VI-II-Vみたいに文字の種類が変わっても、数え方は同じです。

  • 練習問題

もう数えられますよね!

スポンサーリンク




シェアする