スポンサーリンク

【深掘り】音度と音程の関係についての詳しい解説【インターバル】

音度と音程の関係について

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマはこちら!

Thema「度数と音程の関係を理解しよう」
Conclusion度数の概念を理論的に判断できるように勉強してみましょう!

この記事は

「これまでBASS NOTEでは分かりやすいようにベースの指板を使いながら度数の勉強をしてきたけど、本来は(理論的に見ると)こういう意味なんだよ!」

ーーということを解説するための補足の内容になります。

和明さん
和明さん

正しい知識を身につけておくのは大切です!


また、今回の記事は「度数についての理解」と「インターバルについての知識」があることが前提になっています。

度数と音程についての関連記事

【度数について】初心者のための度数の数え方【ディグリーネーム】

【音程】ベーシストのための全音と半音の基礎知識【インターバル】

スポンサーリンク

全音と半音と度数の関係

フレットで見る半音と全音

「全音と半音についての基礎知識」の記事では

  • 隣同士のフレットは半音の関係
  • 半音+半音の距離になると全音の関係

ということを勉強しました。

それを踏まえたうえで、問題提起です。

CとEの距離をなんと言う?

例えば、こちらの2音。
ドとミの距離のことを何と呼んだらいいでしょう?

「全音2つぶん」でしょうか?
それとも「半音4つぶん」でしょうか?

和明さん
和明さん

この問題に「M3rd(長3度)!」と答えられた方は、この先を読む必要はほぼありません!
「テンションについての勉強」に移りましょう!


DとGの距離をなんと言う?

レとソなら、どうでしょう。

「全音2つと半音1つ」
もしくは「半音5個ぶん」

いずれも間違いではないんですけども。

こんなの、いちいち数えてられないですよね。

度数の考え方を思い出そう

ここで音の距離をあらわすときに使えるのが「度数」を使った考え方です。

和明さん
和明さん

度数の概念が曖昧な人は「度数について」の記事で今一度確認してみてください!

先ほどの度数の問題は、通常のメジャースケールの形に置き換えてみると一瞬で答えが導き出せます。

それぞれの音の関係性

じゃじゃん。

これでドから見たミはM3rdの音、レから見たソはP4thの音程という答えが見えました。

和明さん
和明さん

指板上の度数の位置

「指板上で視覚的に度数を判断する技術」を身につけておくと、こういうときに便利です!

▶︎指板上のコードトーンの位置を覚える

ここまでの話を総合すると、

  • 3度 = 全音2つ分の音程という意味
  • 4度 = 全音2つと半音1つの音程という意味

ということになります。

和明さん
和明さん

「本来、度数というのは指板の位置関係で決まるものではなくて、音のインターバル(全音・半音の距離)から導き出されるものだよ!」

――ということが伝われば、この記事の役目は終わりです!


度数と音程の早見表

完全1度(Root)
短2度(m2nd)
長2度(M2nd)
短3度(m3rd)
長3度(M3rd)
完全4度(P4th)
増4度/減5度(+4th,-5th)
完全5度(P5th)
短6度(m6th)
長6度(M6th)
短7度(m7th)
長7度(M7th)
完全8度(Root)

同音
半音1つ
全音1つ
全音1つ半音1つ
全音2つ
全音2つ半音1つ
全音3つ
全音3つ半音1つ
全音4つ
全音4つ半音1つ
全音5つ
全音5つ半音1つ
全音6つ
※MはMajor、mはminorのこと。


指板の形で覚えていた度数の概念が、より理論的で鮮明に見えてくるようになりました!

この対応表こそ、が正しい音度のニュアンス・度数の数え方になります。

和明さん
和明さん

……実際の演奏中には、指板上で視覚的に度数を把握できるほうが遥かに効率的です。

「正しい理論的な知識として知っておきましょう!」というお話なので、この対応表を覚える必要はありません!

5度上の音=4度下の音?

Cから見たGは5度上の音

音楽の世界の少しだけややこしい話をひとつ。

Cから見たGは全音3つ+半音1つの距離、つまり5度上になります。

和明さん
和明さん

234
DEF
5番目の音ですね!


Cから見たGは4度下の音

ところがオクターブ下の音を見てみると…。
なんと全音2つ+半音1つの距離、つまり4度下になるんです。

和明さん
和明さん

23
シラ
4番目の音になりました!

音楽理論の世界では、数える方向によって音程と度数が変わります。
どこかで直面したときのために、なんとなくで良いので覚えておきましょう!

まとめ

度数 = 本来はインターバルで考えるもの

ーーということが頭の片隅に入れば万々歳です!

繰り返しになりますが、普段ベースを演奏しているときは指板の位置関係で考えるほうが有効です。

あくまで知識のひとつとして、覚えておきましょう!

和明さん
和明さん

ベースの指板に依存せずに度数が理解できるようになれば、ベーシスト以外のミュージシャンとも音楽理論で会話することができるようになりますね!

【次の記事】

日本語の音程について

音程に関する知識の最終章です。
「短6度」「減4度」といった、日本語によるインターバルの表し方について勉強してみましょう。

BASS NOTE(3)

外国人女性
楽器うまい人
二短調で演奏しましょう!

既読 2
Dマイナーね、了解!

外国人男性
教則本
ドとミ♭は短3度の関係です。

既読 2
m3rdってことね、おっけー。

どんな言われ方をされてもしっかり音程を判断できるところまで、詳しく解説していきます!