スポンサーリンク

【コードの読み方について】初心者向け!コードネームを理解しよう

コードネームの読み方について

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマはこちら!

Thema「コードの基本知識と読み方を理解しよう!」

「Fメジャー」とか「Eマイナー」とか、一度は聞いたことあると思います。

音楽を勉強するうえで、避けては通れないコード。
今日はコードの基本中の基本、コードの読み方を一緒に勉強してみましょう!

和明さん

ドレミをCDEで理解できない方は、まずは「音名を覚える練習」の記事を読んでみてください!

スポンサーリンク

音楽におけるコードについて

そもそもコードとは?

ベースの指板でドミソ

コード(Chord)とは、和音のことを指します。

同時に2つ以上の音が鳴っている音のことをコードと言います。

五線譜で見るトライアド

最もオーソドックスなのは「ドミソ」や「レファラ」のように、音を1音飛ばしで3つ重ねる三和音(トライアド)ですね。

和明さん

鍵盤のドミソ

ピアノの鍵盤で考えると分かりやすいですね!
鍵盤を1つずつ飛ばしで3音を鳴らすと、綺麗な和音になります!

お辞儀の「じゃ〜ん」がコード

お辞儀の音がコード

イメージしやすいところだと、お辞儀のときの「じゃ〜ん・じゃ〜ん・じゃ〜ん」ですね。

「ド〜、ソ〜、ド〜♪」

ではなくて、

「ドミソド〜、ソレファシ〜、ミソド〜♪」

と鳴っていますね。


これが身近にあるコードの響きです!

和明さん

C△7-G7-C△7

音楽的に表記すると、こんなコード進行になります!

ベーシストにとってのコードとは?

ベースは、コードをいっぺんにジャ〜ン♪と鳴らすよりもコードの構成音を単音で演奏するのが一般的です。

言い換えると、

コードは「ベーシストが演奏していい音」を割り出す指標になる大切な要素

ということになります!

みんなが大好きな「動くベースライン」は、コードの上で使っていい音をなぞるように演奏されているんですね。

和明さん

もちろんコードをかき鳴らす演奏方法もあります!
▶ベースで「コード弾き」をしてみよう!

ベースにとって最重要になるのはコードの根音(ルート)

ルートを担当するのがベースの仕事

我々ベーシストは、コードの基本になる音=根音(ルート)を担当するのが最もベーシックな役割になります。

和明さん

8分音符でルートの音を演奏することを「ルート弾き」なんて言い方をしますよね!

根音(ルート)について

根音ついては、最初は

「コードの一番低い音」=「コードの根っこの音」

という覚え方で良いでしょう。

一番低い土台(Base)の部分を担当する楽器だから、「ベース」なんですね!

和明さん



我々ベーシストにとって最も大切な用語のひとつなので、覚えておきましょう!

コード進行とは?


U-FRETさんより

「コード進行」についても触れておきましょう。

曲の流れに合わせて、メロディの後ろで鳴っているコードが次々変化(進行)してことコード進行と言います。

和明さん

メロディを支えているコードは、ずーっとドミソではありませんよね!

「カノン進行」って何?

カノン進行

コード進行に関して、

  • 「カノン進行」
  • 「枯葉進行」

という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。


楽器を練習していて

「あ!この前弾いた曲と使うフレットの順番が同じだ!」

なんて思った経験はないでしょうか。

これは使われているコード進行のパターンが同じだということになります。

コード進行には、いわゆる「お決まりの進行パターン」みたいなものがありまして。

  • パッヘルベルのカノンと同じコード進行だからカノン進行
  • ジョゼフ・コズマの枯葉と同じコード進行だからカノン進行

と称されているんですね。

和明さん

有名なところだと…

・マリーゴールド – あいみょん
・恋するフォーチュンクッキー – AKB48
・Butter-fly – 和田光司
・となりのトトロ – 井上あずみ

などなど、この辺は全部カノン進行の楽曲です。
いくらでも思いつきますね!


コードネームの読み方について

基本的なコードネームの読み方

Dm

それでは、コードの読み方を勉強してみましょう。
まずはこちらのコードから。


ディーマイナー

「Dm」と書いて「ディーマイナー」と読みます。

  • 大文字はルート(Root)
  • 小文字のmはマイナー(minor)

をそれぞれ表しています。

和明さん

大事なことなのでもう一度紹介します!

ルート = 根音。

コードの根っこにあたる大切な音のことです!

ディー

mが付いていない場合は、そのまま「ディー」と読みます。

ディーセブンス

数字が付く場合は「英語読み+th」で発音します。

  • 6ならシックスス
  • 7ならセブンス
  • 9ならナインス
  • 11ならイレブンス
  • 13ならサーティーンス
    ※正確には6thですが、言いにくいので「シックス」と発音する場合がほとんどです。
和明さん

ス(th)を略して「ディーセブン」と発音することもありますが、意味は一緒です!

また話し言葉では「D9th(ナインス)」などと言う場合もありますが、こちらも意味合いは同じです!


ディーマイナーセブンス

文字がズラズラと並んでいても、上記のルールに沿ってそのまま読んでいきましょう。


ディーMメジャーセブンス

こちらはメジャーセブンス(major 7th)系のコードです。

マイナーをあらわすときには小文字表記でしたが、メジャーは大文字で表記されます!

ディーmajメジャーセブンス
ディーメジャーセブンス

マイナーのmと見分けが付きやすいように「maj7」「△7」と表記されるコトのほうが多いと思います。

和明さん

僕も普段は「△7」という書き方をします!

ディーフラットマイナーセブンス
ディーシャープセブンス

#(シャープ)♭(フラット)のような記号がついた場合にも、そのまま順番に読んでいきます。


ディーマイナーセブン(♭5)フラットファイブ
ディーマイナーセブン(#13)シャープサーティーンス

コードネームの読み方 基本編の最後です!
こいつだけ少し厄介ですが、この勢いで合わせて覚えちゃいましょう!

カッコ()に囲われてコードの最後に表記されている場合には、D6やDm7などの数字のス(th)は発音せずに読みます。

和明さん

「th」ありで読んでもまったく間違いじゃないので、厳密にしっかりと覚える必要はありません!

「コードネームが長いから略して読んだほうが楽♪」くらいの感覚なので、難しく考えなくてもOKです!


ディーマイナーセブン(♭9)フラットナインス
ディーマイナーセブン(#11)シャープイレブンス

カッコ()内の数字はそのままス(th)をつけて発音します。

(♭9)なら「フラット ナインス」
(#11)なら「シャープ イレブンス」

となります。

例外!
(♭5)の5だけは「ファイブ」と読みます!
「フラットファイブ」ですね。

ココだけ5th(フィフス)ではないので注意!
和明さん

♭5(フラットファイブ)は時折出てくる表記なので、合わせて覚えておきましょう!

コードネームを読む練習

それでは、ここまでの復習です!
コードネームを読んでみましょう。

【問題】

問.1: Em
問.2: G7
問.3: Bm7(♭5)
問.4: A7(♭9)
問.5: Cm△7





【回答】

解.1: Em = イーマイナー
解.2: G7 = ジーセブンス
解.3: Bm7(♭5) = ビーマイナーセブンフラットファイブ
解.4: A7(♭9) = エーセブンフラットナインス
解.5: Cm△7 = シーマイナーメジャーセブンス

和明さん

世の中には「m△7(マイナーメジャーセブンスコード)」なんていう複雑なコードもあるんです…!

コードの意味合いについてはまた次回!
まずは読み方を完璧に覚えましょう!


特殊なコードネームの読み方

Eイーsus4サスフォー   Eイーadd9アドナインス
Eイーdimディミニッシュ    Eイーaugオーギュメント
EイーonGオンジー     E/Gジーぶんの イー 

こちらは「いろいろあるんだなぁ…」くらいの認識で、頭の片隅に入れておいていただけると嬉しいです!

 Fエフマイナーセブンス  Fエフφマイナーセブンフラットファイブ
 Fエフoディミニッシュ  Fエフ+オーギュメント   

基本編でメジャー(major)を「△」で表したように、特殊な記号で表せるコードがいろいろあります。

使っていくうちにいつの間にか覚えていくので、これも「いろんな書き方があるんだなぁ…」くらいに流し読みしてください!

コードの読み方 まとめ

今回はコードの読み方について勉強してみました。

Em7

これは「イーマイナーセブンス」!
もう完璧ですね!

  • 大文字 = そのまま
  • m   = マイナー
  • M,△  = メジャー
  • 数字  = 英語読み+th

まずは大まかに、この4つを覚えておけば大丈夫。
どれだけ文字が並んでいても、大文字(ルート音)から順番に1つずつ読んでいきましょう!

コードの仕組みについて

読み方をマスターしたら、次はm(マイナー)や7(セブンス)という表記の意味について勉強していきましょう!