ベースでコード弾きするなら、まずは8種類のフォームだけ覚えよう!

4弦ルートのマイナー♭5コード

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「ベースのコード弾きについて教えてください」

物好きさん、いらっしゃい!
アブノーマルなベースプレイヤーのニーズにお応えするのがBASS NOTEです!

開放弦のサスティンを駆使する奏法。
ハーモニクスを混ぜて和音を作る技。
などなど、色々語り出すとキリがないんですけど。

今回は「これだけ覚えればベースでコード弾きができる!」という基礎の形をまとめてみました。

コードフォームの説明にあたり、度数の話が登場します。
指板上の度数の理解が曖昧の方は「理論派ベーシスト育成計画」で今一度復習を!

スポンサーリンク

ベースのコード弾きについて

世の中には「ベース・コード大図鑑468」なんていう便利な本があるんですけど。

さすがに468種類もコードフォームなんて覚えてられないので(笑)

今回の記事では、実戦で使える最重要なフォームを厳選して紹介します。

和明さん
ここで覚えた形をフレット移動させれば、12キー全てのコードを演奏できるようになります!

4弦ルートのコード

まずは、4弦にルートがある場合のコードフォームから!

1.メジャーコードの形

4弦ルートのメジャーコード

構成音: ルート、M3度

和明さん
人差し指でセーハして、3弦で11度の音が鳴ってもOKです!

2.マイナーコードの形

4弦ルートのマイナーコード

構成音: ルート、m3度

なんと上のメジャーコードから中指を外すだけでマイナーの形に!

人差し指をベタっと寝かせて、4弦と1弦を同時に押さえるフォームになります。

ベーシストにはあまり馴染みのない押弦の仕方だと思います。
難しくても要練習です!

和明さん
正直、この上記2フォームだけ覚えておけば楽曲は演奏できちゃいます(笑)

3.マイナー♭5コードの形

4弦ルートのマイナー♭5コード

構成音: ルート、♭5度、m3度

♭5の音程を重視する場面ではこのフォーム。
ジャージーな響きを強調したいシーンなどで活躍します。

3弦ルートのコード

続いて、3弦にルートがある場合のコードフォーム。

3弦ルートの場合は、7thのノートを乗せてあげるのが実用的です。

1.メジャーコードの形

△7コード

構成音: ルート、M3度、△7度

扱いやすく、使用頻度の高いフォームです。

中指でルートの音をしっかり押さえてあげないと「3度上のパワーコード」になってしまいます。
しっかり発音できるように、丁寧に練習しましょう!

7thコード

構成音: ルート、M3度、m7度

上記のフォームから、7度を半音下げたコードです。
こちらも使用する場面が多いフォームでしょう。

和明さん
ベースでコードプレイをするのであれば、必ずマスターしたいフォームのひとつです!

2.マイナーコードの形

m△7コード

3弦ルートのm△7コード

構成音: ルート、m3度、△7度

コレはあんまり出てこないかな…(笑)

m7コード

3弦ルートのm7コード

構成音: ルート、m3度、m7度

「マイナーセブンス」と言われたら、このフォーム。
他のフォームに比べると少しだけ押さえ方が複雑なので、慣れるまで時間がかかるかも。

扱えるととっても役に立つコードなので、ぜひ習得してみてください!

パワーコード

ベースのパワーコード

構成音: ルート、P5度

こちらは4弦ルートでも3弦ルートでも使える魔法のコード。
メジャーだろうがマイナーだろうがお構いなしに使える頼もしい子です。

最悪、パワーコードだけ押さえられれば一曲引き倒すことができます。
そのくらい強力。

和明さん
面倒くさくなったら、とりあえずパワーコードで代用しちゃいましょう(笑)


ベースのコード弾きを使う場面

正直なところ、他にギターやキーボードなどのコード楽器がいる環境ではベースのコード弾きは使いにくいです。
帯域を邪魔してしまうので、ただのノイズになってしまいます。

一方で僕のようにベースとヴォーカルのデュオみたいな場合だと、コード奏法が生命線になります。

なかなか使い所を選ぶべベースのコード奏法。

一番使いやすいのは、楽曲中のセクションが変わる手前のキメのポイントなどでバーン!と1発和音を鳴らしてあげること。
楽曲にメリハリが出て、ベースが映えると思います!

バンドの楽器構成楽曲の雰囲気と相談して、ここぞというポイントで技術を見せつけてやりましょう!

スポンサーリンク




シェアする