スポンサーリンク

【EUB】アップライトベースSLB200用の音作りを公開!

アップライトベースの音作り

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

3月9日「ミクの日」EUB(アップライトベース)の演奏動画をアップしました。

今回は、この動画のレコーディングのときに実際に使用した音作りのセッティングについての紹介です!

スポンサーリンク

アップライトベースの音作り

演奏環境「魔導書」

闇の魔導書 初号機換装仕様

今回の音作りは「魔導書」のみで完結させています。

出音に影響する機材はZOOM MS-60Bのみです。

「魔導書」システムの中枢を担うZOOM MS-60Bのレビュー記事はこちら!

142種類の高品質エフェクトを搭載した最強のマルチエフェクターです!

ZOOM MS-60Bのセッティング

UEBのアップライトベース用のセッティング

M Comp

MS-60BのM Comp

まずは「M Comp」から。
EBS社のMultiCompのモデリングコンプレッサーから。

アップライトベースの立ち上がりの遅さをカバーするために、いつもより少し強めのセッティングを採用。

和明さん

M Compはコンプ特有のペッコペコにサウンドになりにくいので、アップライトベース本来の持ち味を殺さずにアタックを調整できるのが魅力ですね!

Bass BB

MS-60BのBass BB

続いて、今回の音作りの主役「Bass BB」
Xotic社のBass BB Preampのモデリングプリアンプです。

生のコントラバス(ウッドベース)特有のギャリギャリした弦の音や、バチバチするタッチノイズを再現するために、このBass BBでTREBLEを稼いでいます。

もうひとつ重要なのがGAINのパラメータ。
GAINの量はピッキング時の音圧に強く影響するので「アップライトベース臭さ」を出すためにはココの数値の設定が重要になります。

和明さん

GAINを上げれば上げるほど軽いタッチで演奏できてしまうので、サウンドがエレキベース臭くなってしまいます…!


自分の演奏のクセと合わせて微調整を重ねながら、

  • 強いピッキングが必要な位置
  • 絶妙に音が汚れる位置

をピンポイントで見つけて設定しています。

和明さん

アップライトベースの出音は、ピッキングのニュアンスに大きく左右されます!

Arena

MS-60BのArena Reverb

リバーブ「Arena」
MS-60B公式の記述はないのですが、こちらはTC Electronic社のArena Reverbのモデリングでしょうか。

生楽器の箱鳴りの残響を再現するために、薄くリバーブを混ぜています。

ほとんど誤差の範囲なので、ここは職人のこだわり…というか趣味の世界。
残響を混ぜると少しだけ古くささが出るのがお気に入り。

和明さん

空間系のエフェクトを使用するときには、強くかけ過ぎて音が濁ってしまわないように注意しましょう!

SVT

MS-60BのSVT

最後にアンプシミュレーターとして「SVT」
音の輪郭をはっきりさせるAmpeg SVTシリーズはいわば僕のアイデンティティ。

ここでもTREBLEをかなり盛ったセッティングになっています。

和明さん

とにかくアップライトベース特有のギャリギャリ感とバチバチ感を重視!

ここまで高音域を盛ったセッティングでも、RECした音はかなり落ち着いた雰囲気で仕上がっていたけどネ…!

本当はイコライザをプラスに盛るのはあんまり良くない傾向なんですけども。

今回は何度試してもプラス志向のほうがアップライトベースらしい膨よかなサウンドになったので、こんなセッティングを採用しています。


SVTのGainとLevel

2ページ目。
こちらもLevelを抑えてGainをあげる設定です。

和明さん

EUBの音作りはGainの数値が本当に重要です…!


YAMAHA SLB200の音作り

YAMAHA SLB200のEQ

こちらはSLB200本体のEQ。
基本はフルテン運用な本体ですが、今回は少しだけVOLUMEとBASSを削ったセッティングに。

和明さん

フルテンだと低音が膨らみすぎて楽曲と合わせたときに音像が曇ってしまうので、今回は絞り気味にしてあります!

アップライトベースの音作り まとめ


  • MS-60Bで完結
  • TREBLE盛り盛り!
  • GAIN微調整!

まだまだ実験段階ではありますが、POPSで運用TREBLEとGAINの量が鍵になることは間違いなさそうです…!

また「原音重視のエフェクターで固める」というのも、アップライトベースの音作りでは重要であると感じました。

ヘタにキャラクター性の強いプリアンプを噛ませると、SLB200の持ち味を潰して「エレキベース臭」が全面にあらわれてしまいます。

和明さん

SLB200の素の音があまりに良過ぎるので、それを殺さないように原音重視のエフェクターたちを採用しました…!


エレキアップライトベース。
音作りの研究だけでも無限に楽しめそうですね…!