スポンサーリンク

スマホで構築する練習環境!ベースはアンプがなくても練習できる!

スマホでベースを練習するには

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

読者さんからの質問です。

「スマホでベースを練習できる環境を作ってみたいのですが、先生ならどのようにスマホを使いますか?」

自宅に練習用アンプを所持していないことでも有名な、自称『ミニマム練習環境』の王者 和明さん。

今回は、スマホを主軸にした『どこでも練習環境』を僕なりに考えてみました!

スポンサーリンク

スマホでベースを練習できる環境を作ってみた

スマホでベースを練習できる環境

ばばばばん!

こちらが今回作ってみた「スマホでどこでもベース練習環境」です。

とにかくシンプル!
そして小型!

ベースのギグバッグのポケットにラクラク入ってしまうサイズなので、スタジオの待ち時間出張先のホテルなんかでも気軽に練習できますね!

練習環境の信号の流れ

スマホでベースの練習をするときの流れ

大まかな信号の流れはこんな感じ。

後述するアンプシミュレータアプリ「Amplitube」を使うことで、スマホをアンプとして使用することもできます。

スマホでベースを練習をするために必要な機材

  • iPhone
  • オーディオインターフェイス
  • イヤホン

必要なのは、この3点だけ。

和明さん

順番に解説していきます!

iPhone

iPhone 7

「音楽をやる人はAndroidを買っちゃダメ!」という鉄則のもと、中心になる端末はiOSのものを採用しました。

OSの操作性はもちろん、音楽系アプリの品質やサードパーティ製品の豊富な品揃えもiPhoneが最強!

和明さん

周辺機器の安定性を考慮すると、Apple製品が世界一ィィ!

オーディオインターフェイス

iRig Pro DUO

スマホ練習環境に導入するオーディオインターフェイス選びで重要なポイントは、

 1.ダイレクトモニター機能がある
 2.USB接続である
 3.外部電源供給ができる

こちらの3点。

順番に確認してきましょう!

1.ダイレクトモニター機能

SONY / MDR-M1ST

「ダイレクトモニター機能」とは、遅延ゼロでインプット(ベース)の音をイヤホンに返してくれる機能です。

この機能があると、どんなアプリを起動しながらでも楽器の音がリアルタイムに聞こえるようになります。

スマホを使ってベースを練習するときには、必ずダイレクトモニターに対応しているオーディオインターフェイスを用意しましょう!

和明さん

XENYX Q502USB

モバイルサイズのオーディオインターフェイスにこだわらないのであれば、XENYX USBシリーズなどのミキサー型でも代用できますね!

2.USB接続

IK MULTIMEDIA / iRig 2

最近のiOS端末にはイヤホンジャックがついていないので、3.5mm端子で接続するタイプのオーディオインターフェイスは避けるのが吉。

iPhoneを使ってベースの練習をしたいときには

  • Lightning接続
  • USB接続

このいずれかに対応したタイプのオーディオインターフェイスを選びましょう!

和明さん

Lightning – 3.5mmの変換アダプタを使用する方法もありますが、動作が不安定になる例がいくつかあるようなので要注意!

3.外部電源対応

バスパワー駆動のモデルだと、がんがんスマホのバッテリーが減っていきます。

和明さん

バスパワー=スマホから電気をもらって動く機材のことを指します!

長時間スマホを使って練習したい方は、

  • 電池駆動や内蔵バッテリー駆動のモデル
  • 外部アダプタから電源を取れるモデル
  • スマホを充電しながら使えるモデル

を選ぶようにしましょう!

和明さん

iPhone用USBハブ

充電しながら外部機器を接続できるiPhone用のUSBハブを使うと選択肢が広がりますね!

採用できるオーディオインターフェイス

「小型である」
「ダイレクトモニターできる」
「USB接続である」
「外部電源対応である」

上記のポイントを全て満たせるオーディオインターフェイスは

このあたりが候補になってきます。

どちらもモバイルオーディオインターフェイス界隈では大活躍のモデルですね!

和明さん

iRig Pro DUO

我が家ではiRig Pro DUOを採用!

もともと「ツアー中でもライブ配信できるように」という目的で購入したものだったので、モバイル練習環境でもしっかり真価を発揮してくれます!

イヤホン・ヘッドホン

SONY / MDR-EX800ST

練習で使うモニターは、細かいサウンドのニュアンスやフィンガリングノイズを聞き分けられるように解像度の高いイヤホン・ヘッドホンでのモニタリングをオススメします!

和明さん

僕はモバイル環境ではSONYのMDR-EX800STを愛用しています!

スタジオミュージシャン向けのプロフェッショナル仕様高解像度モニターイヤホンです!


オススメのベース練習用アプリ

iReal Pro

iReal Proの画面

僕の圧倒的オススメはiReal Pro

BASS NOTEではすっかりお馴染み。
超万能セッション練習用アプリです。

アドリブ演奏に興味のある方は今すぐインストール!

和明さん

これひとつあれば、間違いなく一生遊べます!

iReal Pro

iReal Pro

¥1,720posted withアプリーチ

Amplitube

Amplitubeの画面

こちらは超ド定番アンプシミュレーターアプリAmplitube

エフェクターはもちろん、キャビネットのサイズや音を拾うマイクの位置まで何でも自由自在に調整ができる最強シミュレーターです!

iRig BlueBoardなどと組み合わせることで実際のライブで使うこともできるので、すべてのベーシストにオススメできる最強アプリです!

和明さん

セール期間中にIK Multimediaの製品を買うと、無料でAmplitubeがもらえるキャンペーンなんかも定期的に行われています!

AmpliTube

AmpliTube

IK Multimedia¥2,440posted withアプリーチ

アプリ製のメトロノームはダメ?

アプリのメトロノームはダメ?

「アプリのメトロノームはあんまり正確じゃないよー」ということも過去に解説しています。

スマホをメトロノーム代わりに使いたい方は、合わせて読んでみてください。

和明さん

BASS NOTEでは、メトロノームは実機の購入をオススメしています!

代替品: VOX amPlug 2

VOX / amPlug2 Bass

AUX INのあるamPlug 2シリーズを使うと、お財布に優しくモバイル練習環境を構築することができるのでオススメです!

和明さん

意外とプロの人もたくさん使用しているamPlug2シリーズ!


amPlug2の使い方

amPlug2を使う場合、スマホは「オケを流す装置」として使うだけなのでAndroid端末でも問題なく使用することができます!

和明さん

ベース本体に接続するだけでお手軽に練習環境を完成させることができる便利アイテムです!

まとめ

  • iPhone
  • オーディオインターフェイス
  • イヤホン

これだけで簡単に構築できる、モバイル練習環境。

オーディオインターフェイスやamPlugを楽器のケースにひとつ入れておけば、いつでもどこでもベースの練習が行えます。

スマホ一台でアンプの音を再現できる時代なので、「アンプレス生活」がどんどん捗りますね!

練習環境にお悩みの方は、ぜひ試してみてください!