スポンサーリンク

アナログミキサーのケーブル周りを整理整頓してみた!

アナログミキサーのケーブル周りを整理する

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマはこちら!

「ミキサーのケーブル周りを整理してみた!」

前回の記事で導入したオーディオインターフェイス内蔵アナログミキサー、BehringerのXENYX Q502USBに関するお話です。


自宅でアナログミキサーを使っている方なら、誰しも思い当たる節があると思うんですけども。

ぐちゃぐちゃなケーブル周り
/ ぐちゃ…… \

縦方向にケーブルを挿し込む機材って、どうしても見た目がごちゃごちゃしてしまうんですよね。

見よ、このセクシーじゃないデスクの上を!

和明さん

「いかにも機械を使いこなしている感」が出るので、ごちゃごちゃ刺さっている絵面も好きなんですけどね笑

Q502USBの使い方

たくさんの機材のケーブルが1ヶ所に集結するミキサー。
配線がごちゃごちゃしてしまうのは自然の理なのです…。

ということで。
今回は、このケーブル周りを整理してみました!

スポンサーリンク

ミキサーのケーブル周りを整理する

整理されたケーブル周り

ばばばばん!

こちらが改良後のミキサーのケーブル周りです。
どうですか、かなりスッキリして見えませんか!

スッキリしたミキサーのケーブル周り

比較すると、こんな感じ。

変換アダプタを使って間接的に横出しにすることによって、ケーブルの乱れやたわみを解消しました。

和明さん

うつくしい…!!

HOSA – GPP-151

HOSA - GPP-151

マイクの入力チャンネルには、モノラルのL型変換プラグ。

僕の演奏環境がコンテナだった頃に使っていたHOSAのGPP151を流用しました。

和明さん

XLR端子じゃなくてTS端子を採用しているのも、省スペース化のためのこだわりです!

CLASSIC PRO – ARR221R

CLASSIC PRO - ARR221R

メトロノームやiPadを入力するチャンネルには、CLASSIC PROのARR221Rを採用。

和明さん

こちらはRCA端子用のL字変換プラグになります!

段差のおかげで省スペース化

高さが稼げるおかげで、隣のチャンネルのシールドと干渉せずにケーブルをまとめることができます!

HOSA – GPP273

HOSA - GPP273

ヘッドホンアウトには、HOSAのGPP273を使用。

TRS(ステレオフォン)のL字変換プラグです!

和明さん

横出しになるので、ヘッドホンのケーブルにかかる負担も少なくなりそうですね!

まとめ

整理されたケーブル周り

ケーブルを出す方向を変えるだけで、こんなにも見た目がスッキリしました!

ケーブルボックスなんかを併用すれば、もっとスタイリッシュに収納できるはず。
僕の環境でも、使いながら少しずつ改良を加えていこうと思っています!

ケーブル周りが綺麗だと、自宅での楽器練習も楽しくなりますね!

漢のデスクはいつも綺麗に!