あなたは大丈夫?自分で下手くそを名乗って人生損していませんか?

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterのプロフィールなんかを見ていると

「ゴミベーシストです。」
「ダメベース弾きです。」
「下手だけどベースやってます。」

こんな言葉を並べている人が非常に多いんですね。

出る杭には積極的に噛み付いていくクセに、自分のコトになると随分消極的。
汚い日本人の典型例です。

今回の記事は「自分を蔑(さげす)むのは音楽生活においては勿体無いからやめたほうがいいよ」というお話です。

スポンサーリンク

敗者宣言

この世はその性質上、
一握りの勝者その他大勢の敗者に分類することができます。

世の中のヒエラルキー


ただでさえ食い込むのが難しいヒエラルキーの上層。
自称で自分の価値を下げてしまった段階で、まず敗者のランクからは抜け出せなくなります。

以前、バンドマンの貧乏スパイラルについての記事「大切なのは搾取される側に回らないこと」というお話をしました。

「自称下手くそ」な人間の所に、進んで仕事の依頼を出したいと思いますか。
一緒にバンドを組みたいと思いますか。応援したいと思いますか。

仮に自信が無くても、自分の価値を自分で下げてしまうのは辞めましょう。

謙遜のつもりが失礼に

予防線を張って自分のハードル下げようとしているのか。
めっちゃ上手いじゃないですか!とか気休めを言われたいのか。
それとも形だけでも謙遜のつもりなのか。

理由は色々あると思うんですけど。

「下手くそだけど聴いてください」
「自信無いけど弾いてみました」

はぁ?

僕はこう言いたいですね。
そんなもん人様に聴かせるなよ(笑)

自信の無いものをお客様に公開するなんて失礼だと思いませんか。

音価もリズムもめちゃくちゃな演奏でも、自分の全てをぶつけて自信満々に投稿された演奏は全力で応援したくなります。

でも自分で「音間違えちゃいましたけど」とか「下手でごめんなさい」とか。
そんな一言が添えられていたら妥協品を納品すんなよって思っちゃいませんか。

世間からは「頑張ってるね」なんてあたたかい目では見られません。
血眼で粗探しされてしまいます。
自分の演奏に責任を持っている大多数のプレイヤーからは、滑稽視されます。

下記の勝利の法則を知っている人からは、鼻で笑われてしまいます。


常に人より上で勝負する

世の中のヒエラルキー

なにも巨大なピラミッドの頂点で勝負する必要はありません。
下の図を見てみてください。

中間にいるのなら

今の自分のレベルが、半分よりも下のこの辺りだったとしましょう。

中間から頂点を目指さないで

その点からピラミッドのトップを目指すのは、骨の折れる道のりです。
時間も努力も才能も必要でしょう。

なので。

ピラミッドの中にピラミッド

今の自分の立ち位置をトップとした、新しいピラミッドを生成してしまいます。

分かりますかね、この考え方。
これ、ビジネスで成功する人間の基本戦略なんですけど。

我々演奏屋にとっても、ファンの獲得や音楽のマネタイズに重要になってくる大切な思考です。

自分の言葉で落胆する

自分を蔑んだ発言をしてしまった段階で、小さいピラミッドの中の頂点にも登れなくなります。

自分で「自分は人よりも下です」と宣言してしまっているので、当然です。

これは、もったいないですよね。

もう少し細かく読み解いてみましょう。

ピラミッドの数値化

ピラミッドの底辺が0頂点が10としてみましょう。

レベル10の神プレイヤーたちは、もちろん誰しもが心から尊敬できる対象だと思います。

相対的に自分を持ち上げる

さて。

自分のレベルがだとします。
するとどうでしょう。

0〜4の実力の人は、のあなたを心から尊敬できる対象として見ているわけです。

ピラミッドの中には、必ず自分に憧れてくれる層がいるんです。
そんな人たちの理想を「下手ですけど」の一言で奪わないで!

自分の価値を地に落とし、他の人からは笑われる。
いい事ゼロです。

自身を持って発信しよう

発信は恥ずかしいことではありません。
声を上げて叩いてくるのは、心の可哀想な人たちだけ。

自信をもって、自分の道を自分の行動で切り開いていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする