どうしてベースを選んだの?僕がベースを始めた理由

ベースを選んだ理由

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

ベーシストとして活動していると

「和明さんがベースを始めたきっかけって何ですか?」

というようなことを、よく訊かれます。

バンドの花形であるギターに比べると、地味で目立たなくて知名度も低い。

それどころか「彼氏にしてはいけない4B」

  • 美容師
  • バンドマン
  • バーテンダー
  • ベーシスト

なんとバンドマンとは差別化して名指しでランクインしているベーシスト。

ベースは「ジャンケンで負けた人が押し付けられる楽器」の代名詞です。

僕は、そんなベースの世界へ自分の意思で足を踏み入れました。

決して、人数合わせとかジャンケンで負けたからではありません(笑)

今回の記事では、筆者がベースを始めた理由についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

筆者がベースを始めた理由

高校生当時、僕はギターボーカルとしてバンドのフロントマンを務めていました。

リスクを取るのは大嫌いなクセに、不思議と目立ちたがり屋だったんですね(笑)

ギターに挫折した人が弦の少ないベースに移る

なんて話もよく聞きますけど。

僕は別にギターが難しかったからベースに移ったワケではありませんよ!

ちゃんとした理由があるのです。

欲しかったのは「必要とされてる感」

「ベース講師がベースの必要性について語ってみます」という記事でも同じことを書いたんですけど。

高校時代のバンド内での、ベーシストさんの

「必要とされてる感」

がとにかく凄かったんです。

メンバー全員が、ベースという楽器の重要性をはっきり理解していたんですね。

ギターやキーボードの人が休んでもなんとかなるけど、ベースがいないと練習にならない。
そんな共通認識が、常に現場にあったんです。

その空気の中で過ごしてきた僕はこう思いました。

「ベーシストの『必要とされてる感』が羨ましい!僕も皆に必要とされたい!」

それが僕をベースの世界に引きずり込んだトリガーでした。

無意識にベースを追っていた

内容が前後してしまいますが、少しギター時代のお話も。

一通りコードや演奏のコツを覚えて、ギターをガシガシ弾くようになった頃からでしょうか。
僕の耳は常にベースラインを無意識に追っていました。

ギターのバッキングをコピーしなきゃいけないのに、どんどん耳に入ってくるのはベースラインで。

1曲まるまるコピーする頃には、ギターもベースもどちらのフレーズも演奏できるほどベースのフレーズを意識していたんです。

弦楽器を演奏するようになったかなり早い段階から、僕のベース脳は完成していたんですね。


「だったら初めからベースやれよ」って話なんですけど。
ギターを購入した当初の僕は、多分ベースの存在すら知らなかったんです(笑)

今じゃ考えられませんね。

転機は突然に。

ある秋のこと。

「バンド内で楽器をシャッフルしてみよう」という、ポジションの総入れ替えの身内イベントが開催されたんです。

その時に、もう此処ぞと言わんばかりに

「俺が…やるッ!!」

と名乗りを上げたのが僕のベースの始まりです。

とは言っても。
当時の僕は当然ベースなんて持っていなかったし、当然ベースの指幅では演奏なんてできませんでした。

なので、いつも家で遊んでいた秘奥義を初めて人前で使ったんです。

BOSS GT-10に搭載されたオクターバーを使って、ギターの音域を1オクターブ下げてベースラインを弾いたんです。

ベースの音をギターで再現する似非ベース。
その珍しい試みで周りに注目されて、すっかり良い気になってしまって(笑)

それですっかりベースの虜になってしまったんです。

そこからベースに転向するまでは早かったですね。

友人のバンドのライブに、借り物のベースで参加したり。
ベースとの距離は次第にどんどん縮まっていきました。

まとめ

改めて振り返ってみると、

ずーっとベースに片想いしていたら、結ばれるチャンスが訪れた

みたいな。

それが僕がベースを始めたきっかけです。

ベースは音楽の根源を支える楽器です。
ベースを学べば音楽の全てが分かります。

ベースは僕の人生を大きく変えてくれました。
ベースと出会えて幸せです。
▶︎さあ、ベースを始めよう!ベース初心者入門ガイド

スポンサーリンク




シェアする