【初心者向け】コードを見ながらベースを演奏してみよう!【ルート弾き編】

  • URLをコピーしました!
コードを見ながら演奏する練習 ルート弾き編
こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマはこちら。

Theme

「コードを見ながらベース演奏してみよう!」

Conclusion

音名をアルファベットで覚えたら、ルート弾きに挑戦してみましょう!

これさえできれば、どんな楽曲でも初見で演奏できるようになります!
例えば、なにか演奏したい楽曲があったとき。
検索をかけてみると「TAB譜は見つからないけど、コード進行だけならすぐ出てくる」なんていう事態に陥ったことはないでしょうか。

コードを勉強していないベーシストは「Dm」とか「G7」なんて書かれていても、どう対応したら良いのか困ってしまうと思います。

でも大丈夫!
3ステップで段階を追って練習していけば、この記事が読み終わるまでにコードを見ただけでルート弾きができるようになります!

一緒に練習してみましょう!

コードを見ながらベースを弾く練習

音名をアルファベットで覚えよう

音名をアルファベットで覚えよう
まずは音名をアルファベットで覚える練習から!
音楽の世界では「ドレミ」よりも「CDE」で会話をするのが基本です。
和明さん
コードネームもアルファベットで書かれてますよね!
鍵盤で覚えるアルファベットの音名
まずは黙って丸暗記だッ!!
「【初心者向け】ドレミをアルファベッドで覚えよう」の記事で詳しく解説しています。

指板上の音名と位置を覚えよう

指板上の音名と位置を覚えよう
音名をアルファベットで理解できるようになったら、今度は指板上の音の位置を覚えましょう!

まずは低音弦だけ覚えよう
BASS NOTEでは「まずは低音弦を12フレットまで覚える」という方法をオススメしています。

覚え方に関しては「指板上の音名の位置を覚える方法!ここがスタートライン!」という記事で詳しく解説しています!

コードを見ながらベースを演奏してみよう

朝と夜の物語のコード進行
あとは実践あるのみです!

コード進行掲載サイトU-FRETさんなどで、自分の好きな楽曲を探して8ビートでコードを追ってみましょう。
和明さん
「入門」「初級」のページから曲を探すと、使用されているコードの少ない楽曲を見つけることができます! 指定されたコードの大文字部分の音を、8分音符で弾いてみましょう!
僕のオススメはアンパンマンのマーチ(移調 -1)です。

U-FRETさんより
誰でも頭にメロディを思い浮かべることができて、適度にコードの移動もあります。
移調-1でKey=Cになるので、上記で覚えた音名しか使われません。
※シャープやフラットが使われません。

練習の項目で覚えたフレットを思い出しながら、コードを追いかけてみましょう!
最初はリズムを刻まなくても、ボーン・ボーンと白玉で音を伸ばすだけでもOKです。
和明さん
最初は、頭の中でしっかりメロディーを把握できている曲で練習することをオススメします!
アンパンマンのマーチTAB譜
タップで拡大
ちなみに、先ほどのアンパンマンのマーチをコードを見ながらルート弾きしてみるとこんな感じになります。

小文字や数字のついたコードについて

いろんな楽曲のコード譜を見ていると、こんな表記のコードが現れることがあります。
生徒さん
mとかMとか7とかsus4とかadd9とか……
その場合には、最初の大文字のアルファベットだけを読むようにしましょう。
この大文字を「ルート(主音)と呼び、ベースが担当するべきコードの基準音を示しています。
和明さん
難しいことは無視です!
まずは大文字の部分だけを見て、音を探せるようになりましょう! ルートの音を演奏できるようになるのは、ベーシストにもっとも必要な技術のひとつです!
コードの仕組みについて
大文字にくっついている小文字については、「【コードの構成について】和音の仕組みを理解しよう」という記事で詳しく解説しています。
コードトーンが理解できるようになるまでは無視して大丈夫!

まとめ

どんな曲でも初見でコードを追いかけられるようになったら、ベーシストとしては「脱初心者」達成です。
和明さん
これでTAB譜が無い曲でも演奏できますね!
まずは、
  • 音名をアルファベットで理解
  • 3弦・4弦の音の位置を暗記
  • コード譜を見ながらルートの音を演奏
この3つのステップをクリアしてみましょう!

千里の道も一歩から!
1歩ずつ、焦らずに。
音楽は、基礎を制した者が全てを制す世界です。
次のレベルに向けて、まずはこの項目をマスターしてみて下さい!
理論派ベーシスト育成計画
  • URLをコピーしました!