ベースでコード弾きをするときのアレンジテクニック!

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマは

「ベースのコード弾きのアレンジテクニック」

についてです。

4弦ルートのマイナー♭5コード

前回の「ベースでコード弾きするなら、まずは8種類のフォームだけ覚えよう!」という記事では、ベース用のコードフォームについて紹介しました。

覚えたコードをただ掻き鳴らすだけでは面白くありません。
ベースにはベースらしいコード弾きの使い方があります。

今回の記事では、その実用的な運用方法をいくつか解説してみようと思います。

スポンサーリンク

ベースのコード弾きのアレンジテクニック

ルートを動かしながら演奏する

ボーカリスト

弾き語り系の王道アレンジ。
ベース1本で歌うなら、この奏法!

せっかくベーシストなので「ベースらしい仕事」をしながらコードを弾いてみましょう。

経過音を使ってベースラインを強調しながら和音を演奏する奏法です。
右手・左手ともに単純なので、歌いながら伴奏をつけるには最適!

和明さん
バッキングがうるさくなりすぎないので、ボーカルを邪魔しません!

ウォーキングベースと合わせて演奏する

ジャズの演奏

さらにベースラインを強調してみました。

一拍目の裏に一瞬だけコード弾き(1度+3度や5度)を混ぜています。
「コンピング」なんて呼ばれる奏法ですね。


ベースとしての役割をしっかり果たしながら、音楽的に色を加えられます。

1つ目の弾き語り系のものと組み合わせて使うと、大きく抑揚をつけることができるので効果的!

和明さん
【右手について】
親指でベースラインを演奏しながら、人差し指と中指でコードを鳴らしてあげると演奏しやすいと思います!

ピアノの伴奏を再現する

ピアニスト

低音弦(ルート)のピッキングを「2拍4拍」や「裏拍」にもってくると、ピアノの伴奏風になります。

聞き手に

「お!?」

と思わせることができるアレンジです!

ちなみに模範演奏は、奥華子さんのガーネットのイントロをイメージしてみました。

和明さん
僕の青春ソングです!(笑)

まとめ

タージ・マハル

開放の減衰それっぽいエスニック・スケールを混ぜてあげるだけで、なんちゃってインドを再現したり。

アルペジオの組み合わせ次第で、ベースのコード奏法は無限の可能性を追求できます。

どんどん変態レベルがあがっていきますね!

良いことです。
それでこそベーシストです。

「どんなサウンドが欲しいのか」
「何を表現したいのか」

このあたりを明確にすることで、必要なアレンジの仕方を導き出すことができるはずです。

ベースのコード奏法をマスターして、4本の弦で再現できる世界の限界に挑戦してみましょう!

スポンサーリンク




シェアする