リズム感が大幅に向上!ベーシストのための音符を細かく取る基礎練習

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

ベーシストのためのメトロノームを使ったリズム感絶対矯正講座。

今回の課題は

「音符を細かく取るための基礎練習」

です。

『リズム感の良いベーシスト』とは、「音符を細かく取れるベーシスト」のことを指します。

音符を細かく取れるようになるのは、ベーシストとして非常に重要なポイントのひとつです。
安定したビートを刻めるベーシストになるために、まずは基礎練習から始めましょう。
▶︎応用編 現役ベース講師が教える音符を無意識に細かく取れるようにする練習

スポンサーリンク

音符を細かく取るための基礎練習

メトロノーム4分打ちでの練習

  • 推薦BPM=50〜

「4分音符の頭打ち練習」で行った基礎練習の復習です。
メトロノームのクリックを4分で鳴らして、それに合わせて4ビートで演奏してみましょう。

練習のためのフレーズは、どんなものでも構いません。

今回の模範演奏では、BPM=60でCメジャースケールを演奏してみます。

メトロノームを倍速にして8分打ちに

4分で鳴らす練習が安定してきたら、メトロノームのテンポを2倍にして鳴らしてみましょう。

上の項目ではBPM=60で弾いていたので、60×2でBPM=120になります。

演奏するフレーズは上の項目のまま、BPM=60で4分音符のフレーズを演奏しましょう。
この時、身体の中でしっかり8ビートを刻むことを意識してください。

例: ドーぉー、レーぇー、ミーぃー、ファーぁー

感覚が掴めてきたら、これが音符を細かく取る入り口です!

クリックを更に倍速にして16分打ちに

8ビートの感覚が掴めてきたら、今度はメトロノームのスピードを更に2倍にしてみましょう。

模範演奏では、120×2でBPM=240になります。

早くてついていけない時は、メトロノームを「4/4」に設定してみましょう。

お持ちのメトロノームの機能によっては、BPM=60の設定で「16ビート」モードを使用してみても良いでしょう。

例: ドぉおぉ、レぇえぇ、ミぃいぃ、ファぁあぁ


コツとしては8分音符を強めに、16分音符を弱めに意識すると安定してくると思います。

まとめ

  • 音符を細かく取る感覚を掴む

どうですか、触りの部分だけでもわかってきましたか!

もっと細かく取っていくと6連符や32分音符などの世界になってくるのですが、実際の演奏では16分音符の感覚が身についていれば十分でしょう。

無意識に細かい音符が取れるようになるまでは、基準のフレーズやリズムが変わっても身体の中で常に16ビートがあることを意識できるようにしましょう。

こちらの音源を聴いても、身体の中で「タクツカタクツカ」と16分のリズムが安定して刻めるようになったら一人前!

毎日少しずつ練習してみましょう。

スポンサーリンク




シェアする