リズム感向上の第一歩!ベーシストのための4分音符の頭打ち練習

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

第1回目の今日はメトロノームトレーニングの初歩の初歩、4分音符の頭打ちです。
まずはここから始めてみましょう。

簡単過ぎだと鼻で笑った画面の前の玄人さんは、クリックが聞こえなくなるほどジャストなタイミングで四分音符を刻めていますか?

今一度、初心に戻って基礎を固めてみましょう。

スポンサーリンク

4分音符の頭打ち

推薦BPM=50〜

  • Lesson.1

まずは、メトロノームをBPM50前後に合わせてクリックと同じタイミングで弾いてみましょう。演奏するのはどんなフレーズやスケールでも構いません。
今回の模範演奏ではクロマチックで練習してみます。

また、可能であればメトロノームの拍を「0」や「1/4」に合わせておきましょう。

  • Lesson.2

続いて、メトロノームのスピードは変えずに今度は8ビートで演奏してみましょう。

  • Lesson.3

最後にLesson.1とLesson.2を交互に行います。
練習の際は順不同です。自分の好きなタイミングで4ビートと8ビートのフレーズを行き来してみましょう。

この時、身体の中で刻んでいるBPM50頭打ちのビートがヨレたりせずに、確実に4ビートと8ビートを切り替えられるように練習しましょう。


今日のレッスンはここまで!

いかがでしたか?
慣れてきたら、テンポを速くしたり遅くしたりしてみましょう。

「メトロノームとお友達になろう」なんて言葉をよく耳にすると思います。
今日はメトロノームくんとの初対面のご挨拶。

土台が脆い家は崩れます。
本気でベースが上手くなりたいなら今回の基礎練習もナメてかからずに、まずは土台から確実に組み上げていきましょう。

スポンサーリンク




シェアする