【D’Addario】オススメのベース弦4選!現役講師が徹底レビュー!

  • URLをコピーしました!
オススメのベース弦について
こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。
Twitterからの質問です。

Question

「オススメのベース弦があれば教えてください。」

Answer

・D’Addario / EXL170
・D’Addario / NYXL45100
・D’Addario / ECB80
・D’Addario / ETB92

D’Addario(ダダリオ)信者の僕からオススメのベース弦を4種類紹介します!
世界中のアーティストから幅広く支持されているD’Addario(ダダリオ)。 そんなD’Addario社が誇るタイプの違うベース弦を4つ紹介します!

D’Addarioのオススメのベース弦4選

D’Addario / EXL170

DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL170 Nickel Wound Bass Light 45-100 エレキベース弦
まずは超定番のEXL170
一般的なニッケルのラウンドワウンド弦になります。
ベースの弦としては一番オーソドックスなモデルですね。
和明さん
ベース弦Amazonランキング1位のEXL170
D’AddarioのEXLシリーズはAmazonのベース弦売り筋ランキングでも堂々の第1位! 迷ったらとりあえずコレ!
出音はダダリオらしいブライトなサウンド。

指弾き、ピック弾き、スラップ。
どんな奏法にも柔軟に対応してくれるオールラウンダーな弦です。

ハズレ弦も群を抜いて少ない印象。

D’Addario / NYXL45100

DADDARIO ( ダダリオ ) / NYXL45100 Long Scale Regular Light 45-100
前述のEXL170の上位互換モデルNYXL45100
芯線は高炭素カーボン。
ダイナミックレンジの広さと長いサスティン、そしてアタックのレスポンスが早いのが特徴。

また、通常の弦よりもチューニングの安定感に定評があります。
テンション感は比較的柔らかめ。
スラップ時に手への負担が少なく、サムとプルの音圧が揃いやすいのがポイントです。
ブライト感はEXLシリーズに比べると若干少なめ。
上品に落ち着いたサウンドですね。

ハーモニクスの質も上質。
「高級感のある音」といえばR.COCCO(リチャードココ)の弦が定番だと思うんですけども。
NYXLシリーズはそれを凌駕する高級感溢れるサウンドです!

高級弦特有のコンプレッション感が得られます。
https://twitter.com/atsushi_dokudon/status/1103321372644671488
和明さん
僕の大好きなベーシスト長谷川淳さん(@atsushi_dokudon)も、こちらのNYXLシリーズを使用しています!

D’Addario / ECB80

DADDARIO ( ダダリオ ) / ECB80 Chromes Bass Light 40-95
ダダリオのフラットワウンド弦ECB80
ここ数年、僕が愛用し続けている弦になります。
おしとやかな音楽をやるなら最適なモデルです!
生徒さん
和明先生といえばECB80!
和明さん
今の僕のサウンドを決定付けているのが、こちらのECB80のキャラクターです!
ラウンド弦に比べるとテンションは強め。
指と弦の摩擦が大きいので、慣れるまで一癖ある弦です。
フラット弦はとにかく超高寿命。
しっかりメンテナンスしてあげれば、1年は安定して使えます。
ピッキングノイズやフレットノイズが抑えられるので、楽曲を邪魔しない綺麗なサウンドをまっすぐ出力することができるのが魅力。
バッキバキのギラギラした音色は苦手。
しかし仮にもダダリオ製。
EQで調整してあれげばしっかり明るいサウンドにも対応することはできます。

D’Addario / ETB92

DADDARIO ( ダダリオ ) / ETB92 ブラックナイロン Tapewound Bass Medium 50-105
もっとマイルドなサウンドが欲しいなら、ブラックナイロン弦ETB92
どこかオールディーで「まろやか」という言葉がぴったりな柔らかなサウンドのモデルです。

太いゲージに独特の弾力、スベスベした触り心地。
そして真っ黒な見た目が特徴。

テンションはかなり緩め。
しかし決してだるんだるんではない、バランスの取れたテンション感がクセになります!
生徒さん
ホントだ!弦が黒い!
通常のエレキベースはもちろん、アコースティックベースやフレットレスベースにも似合う弦ですね。
前述のECBシリーズよりもアップライトベースに近い響き。
その割に、トーンを調整してあげればしっかりとスラップもできちゃうのがETB92の魅力です。
和明さん
弦アースが効かないので、ベースによって(とくにパッシブの場合)は別途ノイズ処理が必要になる場合があります。

エレキベースの弦の購入の前に

DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL170 Nickel Wound Bass Light 45-100 エレキベース弦
ベースの弦には、同じ種類でも などなど、弦のゲージ(太さ)のバリエーションが細かく用意されています。

Check

単位はin(インチ)になります。
1弦側が0.045in … φ1.143mm。
4弦側が0.1in … φ2.54mm。
一番ベーシックなのは、
◆G弦 … .045
◆D弦 … .065
◆A弦 … .080
◆E弦 … .100
という組み合わせのレギュラーゲージ。 ベースの弾き心地は、弦の太さが0.005in(0.127mm)変わるだけでまるで別の楽器を弾いているように変わります。
自分の演奏のクセの相談しながらいろいろ試してみてください!
和明さん
僕の身体には.045-.100のレギュラーゲージが最適でした!
生徒さん

まとめ

ラウンド弦とフラット弦
D’Addario製の弦を4種類紹介してみました。
Elixir(エリクサー)やERNIE BALL(アーニーボール)、DR Handmade Strings(ディーアール)などなど、定番のメーカーはたくさんあると思うんですけども。

やっぱりすべての基準は天下のD’Addario(ダダリオ)!
変わり種を求めていないなら、まずはEXLシリーズから試してみましょう!
和明さん
何事も標準を知るのは大切ですね!
  • URLをコピーしました!