ベース初心者入門ガイド
ベースの選び方
スポンサーリンク

バンド練習!コミュ障のための音楽スタジオの電話予約チュートリアル!

雑記

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「スタジオの予約の仕方を教えてください。何て言えばいいですか?」

バンド練習には欠かせないリハーサルスタジオ。
電話が苦手な人には、ある種の鬼門だと思います。

僕も電話は大嫌いなので、その気持ちはよく分かります(笑)

電話の緊張を少しでもなくすために!

今回の記事では、スタジオの電話予約の方法についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

スタジオのWebサイトを見てみよう

まずはお近くのスタジオを検索して、公式サイトを見にいきましょう。

  • 営業時間
  • 住所・電話番号
  • 部屋の大きさ
  • 部屋ごとの値段
  • 利用可能人数
  • 機材・設備

などなど、スタジオに関する情報が書かれていると思います。

「会員証をお持ちでない方は、無料で即日発行いたします」
「入会費、年会費はかかりません」

このようなスタジオのルールも載っていると思うので、気になる方はココで確認しておきましょう。

電話の前に事前にチェックしておくこと

「何日の何時から入るのか」


「どの部屋に、何時間入るのか」

この2点を、必ず明確にしておきましょう。

これさえ分かっていれば、大丈夫です。

スタジオに電話で予約しよう

以下、実際にスタジオに電話予約する際の会話の内容です。

「はい、スタジオBASS NOTEです」

「スタジオの予約お願いしたいのですが」

「はい、ありがとうございます。ご希望の日時はお決まりですか?」

「13日金曜日の19時から21時とか空いてますか?」

「13日ですねー、全部屋空いています。お部屋のご希望はありますか?」

「14畳のBスタでお願いします」

「はい、Bスタジオですね。ご利用人数はお決まりですか?」

「4人です」

「お名前お伺いしてもよろしいですか?」

「高橋です」

「はい、高橋様ですね。それでは13日の19時から2時間 Bスタジオでお取りいたします」

「ありがとうございます」

「お待ちしております」


大体、どこのスタジオでもこんな流れで予約ができると思います。

会員証の有無や、レンタル機材(マイクの本数など)を訊かれる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

  • 予約の日時
  • 利用時間
  • 利用人数
  • 利用する部屋

まずはこれだけ分かっていれば大丈夫!
必ず確認してから電話するようにしましょう。

もし可能なら、一週間前など早い段階で予約の電話を入れるようにしたいですね。
人気のスタジオだと、部屋が埋まっている可能性があります。

当日は、予約した時間の10分前にはスタジオのフロントに到着しているようにしましょう。
撤収、退室も必ず余裕をもって行うこと。

また、入店したときの挨拶も忘れずに!

これでスタジオライフはばっちりです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE