ワンタッチ!Jim Dunlopのストラップロックピンのレビュー

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

先日、高校生バンド御一行様の指導にスタジオに伺った際に

「え、何ですかそれ!」

と、めちゃくちゃ喰いついて頂いたアイテムがあります(笑)

それがこちら。

学生さんには意外と浸透していない、ワンタッチでストラップを取り外しすることができるストラップピンです。

ストラップロックとか、ロックピンとか呼ばれているものです。

生徒さんたちはカチン!とストラップを取り付ける動作が見慣れなかった様子。
ストラップの着脱は、それだけでデキるプレイヤーみたいな空気を醸し出せますよね(笑)

「さて…、やります、か(チャキン)

みたいなオーラが出るじゃないですか。
かっこいい。

スポンサーリンク

JIM DUNLOP STRAPLOK

僕が長年愛用しているのはJIM DUNLOP(ジム・ダンロップ)さんのストラップピンになります。

超大手メーカーです。
「とりあえずコレを買っておけば間違いないぞ!」っていうモデルになります。

Schaller(シャーラー)さんの製品とよく比較されると思うんですけど。
着脱の構造の関係で、安全性はDUNLOPの圧勝です。
※どちらの製品も使用してみた上での個人の感想です。楽器本体の重さやプレイスタイルに左右されます。

ストラップロックピンのレビュー

簡単な説明書が付いてきます。
中身は英語表記ですが、図面が記載されているので全く問題なく取り付けを行うことができると思います。

少し技術が必要な作業として、楽器にピンを直接ネジ止めする必要があります。

ネック側


ブリッジ側

元々付いているストラップピンをドライバーで外して、ロックピンをネジでつけ直すだけなんですけど。

ネジ穴の径が合わないと、楽器をゴリゴリとネジで貫く作業が必要になってきます。

慣れてしまえばテレビを見ながらでも行える簡単なことですが、初めてこの作業を行う方には冷や汗ものな作業だと思います(笑)

万が一心配な方、躊躇される方は楽器屋さんに持っていくと格安で快く取り付けてくれます。


ストラップ側の取り付けは工具も必要なく、金具をはめ込むだけの作業です。


ストラップを金具で挟み込んだ後、パーツを横からはめ込んでロックします。


後は本体側の穴に、ストラップの金具を差し込むだけ!


念願のチャキン!でドヤ顏し放題です。



外す時は、真ん中のボタンを押すだけ。

このボタンを押さない限りストラップは外れません。
とっても安心ですね!

※注意
3〜4年ほど使っているとストラップ側の金具が摩耗したり錆ついたりして、ボタンが効かなくなってきます。

予兆はすぐに分かります。
なんと有難いことに「急に外れる」のではなくて「外れにくく」なってくるんですね。

そうなったら、ストラップ側の金具を付け替えてあげましょう。
僕は予備にもう1パーツ用意してあります。

楽器側のピンを付け替える必要はないので、楽器を傷めることはありません。

ストラップロックピンの3つのメリット

1.ライブ中にストラップが外れる事故を防ぐ

安いストラップを使ってると、あるんですよね。
今まで全然大丈夫だったくせに、大事な時に限ってストラップが根元から外れてしまう事故。

僕も経験あります。嫌な思い出です。

その勢いで楽器を床に落としてしまったら更に大変です。

落下防止だけならこういう300円くらいの安いパーツでも何とかなるんですけど。

このストラップロックを装着するとストラップが付けっ放しになるので、以下の2点に対応できなくなってしまいます。

2.ストラップの付けっ放しによるボディの傷や色移りを防ぐ

大切な楽器をケースにしまった時に。

ストラップの装飾や、長さ調整の金具がボディに擦れてしまったり。
ゴム製のストラップだと、塗装を融解してしまう可能性もあります。

そのような残念な事態を避けるためにも、ストラップの着脱は非常に有効です。

3.ストラップの共有が容易になる

例えば、こんな高級ストラップを利用している方とか。


こういう機能性のあるストラップを利用している方。


他にも、楽器をたくさん持っていてストラップの数が足りていない方とか。

複数の楽器でストラップを共有したい場合に、ストラップピンは持ってこいです。

直刺しで付け替えていたら、ストラップの穴が傷んでしまいますよね。

ピンを同じメーカーのもので揃えておけば、ボタン一つで全ての楽器に付け替えることができます。
もちろん、金具による着脱なのでストラップを傷めることもありません。

手間も短縮できて、機材にも優しい最強の選択肢です。

まとめ

ワンタッチのストラップロックピンで、一歩上のプレイヤーへ!

全力なプレイを支えてくれるのは、信頼できる機材と安心感です。

お使いのストラップ穴、ボロボロになっていませんか?
スタジオで、急にストラップが外れてしまった経験ありませんか?

そんな不安をスタイリッシュに解消してくれるストラップロックピン。
ぜひご検討ください!

スポンサーリンク




シェアする