超分かりやすい!ベーシストのための2拍3連入門!

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

ベーシストのためのメトロノームを使ったリズム感絶対矯正講座。

今回のテーマは

「2拍3連に挑戦してみよう」

です。

2拍3連(にはくさんれん)、なにやら聴きなれない言葉ですね。

こんな表記の音符、見たことはありますか?

現代のアニソンやJ-POPなどのTAB譜をコピーして演奏しているだけだと、なかなかお目にかからない表記だと思います。

2拍3連を身につけると、変化球的なアプローチを見つけることができます。
もちろん、リズムトレーニングにも効果大です。

「おっ!?」っと周りの目を惹く2拍3連、是非是非この記事でマスターしちゃってください!

スポンサーリンク

そもそも2拍3連とは

2拍、つまり4分音符2つぶんの長さを、3つに均等に割った音符です。

吹奏楽出身の方なんかには、馴染みのあるリズムなのではないでしょうか。

次の項目では2拍3連の取り方について説明します。

「3連符の裏でクリックを鳴らす練習」「3連符の2つ目を捉える練習」の記事の練習がお済みでない方は、先にそれぞれの記事のレッスンをクリアしてみてください。

上記の2つのレッスンを終わらせておくと、2拍3連がグッと捉えやすくなるはずです!

2拍3連の取り方

まずは6文字の単語を用意してみましょう。
「ささきのぞみ」でも「マクドナルド」でも何でもいいです。

今回は、僕が専門学生の頃に先生に教わった「キノコ光る」(きのこひかる)で解説したいと思います。

3連符それぞれに、文字を割り当てて考えてみます。

タカタ、タカタ、タカタ、タカタ…
きのこ、ひかる、きのこ、ひかる…


次に、1文字飛ばしで文字を読んでみます。

る、る、


3連符の1つ目・3つ目、次の3連符の2つ目。
これが2拍3連の発音タイミングになります。

間違っても、付点8分音符などでは発音しないように気をつけましょう。

ベースで2拍3連を弾いてみよう

3連符の練習

  • 推薦BPM=80〜

まずはオーソドックスな3連符の確認です。

頭の中で「キノコひかる」と唱えながら演奏してみましょう。

2拍3連の練習

本日の重要課題。

2拍3連に挑戦してみましょう。

る、る…」

「キッコッカッ、キッコッカッ」と頭の中で発音しながら演奏してみて下さい。

最初は遅いテンポから始めてみましょう!
難しい時は、先に次の項目の練習をしてみて下さい。

2拍3連の強化練習

3連符2拍3連交互に行き来して弾いてみましょう。

「キノコひかるキノコひかるキーコーカーキーコーカー…」

コツは体の中で3連符のリズムを止めないこと。

これがマスターできれば、2拍3連は完璧です!

まとめ

  • ベーシストのための2拍3連

学生時代に、プロの現場のおっちゃんに

「2拍3連は『タッタッタ』じゃねぇ。『ツ』だ。」

と教わったことがあります。

2拍3連に挑むときにはあくまで3連のリズムで、音符を細かく取ることが大切です。

特殊な角度からのアプローチに絶対使える2拍3連。
しっかり練習して身につけましょう!

スポンサーリンク




シェアする