超分かりやすい!ベーシストのための2拍3連入門!

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

みなさんは、こんな表記の音符を見たことはありますか?

現代のアニソンやJ-POPなどのTAB譜をコピーして演奏しているだけだと、なかなかお目にかからない表記だと思います。

こちらの表記「2拍3連」と言います。

2拍。つまり4分音符2つぶんの長さを、3つに均等に割った音符です。

今回のレッスンでは、2拍3連の演奏の仕方について解説します。

3連符を自由に捉えるために、下記の記のレッスンを事前に理解しておいて下さい。


スポンサーリンク

2拍3連の取り方

まずは6文字の言葉を用意してみましょう。
「ささきのぞみ」でも「マクドナルド」でも何でもいいです。
「パンツ濡○る」でも「チ○コでかい」でも構いません。

今回は、僕が専門学生の頃に先生に教わった《キノコ光る》(きのこひかる)で説明します。

3連符それぞれに、文字を割り当てて考えてみて下さい。

タカタ、タカタ、タカタ、タカタ…
きのこ、ひかる、きのこ、ひかる…

次に、1文字飛ばしで文字を読んでみます。

る」

キ コ か

になります。

3連符の1つ目・3つ目、次の3連符の2つ目。
これが《2拍3連》の発音タイミングになります。

間違っても、付点8分音符などでは発音しないようにしましょう。

Lesson

模範演奏のメトロノームはBPM=80に設定してあります。

  • Lesson.1

まずは3連符です。

毎日BASS NOTEで修行に励んでいる皆さんなら、安定した3連符を刻むことができるようになっていると思います。
頭の中で「キノコひかる」を唱えながら演奏してみて下さい。

  • Lesson.2

それでは、2拍3連に挑戦してみましょう。

る、る…」

「キッコッカッ、キッコッカッ」と頭の中で発音しながら演奏してみて下さい。

最初は遅いテンポから始めてみましょう!
難しい時は、先にLesson.3を練習してみて下さい。

  • Lesson.3

最後は2拍3連の感覚を掴むための練習です。

3連符と2拍3連を交互に行き来してみましょう。

「キノコひかるキノコひかるキーコーカーキーコーカー…」

これがマスターできれば、2拍3連はあなたのもの!

今日のレッスンはここまで!

いかがでしたか?

学生時代に、プロの現場のおっさんに

「2拍3連は『タッタッタ』じゃねぇ。『ツ』だ。」

と教わったことがあります。

あくまで3連のリズムで、音符を細かく取ることが大切です。
特殊な角度からのアプローチに絶対使える2拍3連。
しっかり練習して身につけましょう!

スポンサーリンク

シェアする