スポンサーリンク

スラップって出来たほうがいいの?という質問にベース講師が回答します

スラップで弾けたほうがいいの

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

Question「スラップって必ず弾けたほうが良いですか?」
Answerスラップは必ずしも必要な技術ではありません!
自分のプレイスタイルにそぐわないのであれば、無理に練習しなくても良いでしょう。

「ベースやってます」というと「へぇー!スラップとかやるの?」なんて返されることも少なくありません。

そんなベーシストの代名詞スラップですが、果たしてスラップって絶対に弾けないといけない奏法なんでしょうか。

今回はそんなお話。

スポンサーリンク

スラップって弾けたほうがいいの?

5倍

5倍。
これ、なんの数字だと思いますか。

答えはスラップに関するレッスン記事の初動アクセス数の増加量です。

普通の基礎練習系の記事と比べて、スラップの弾き方に関する記事は投稿直後から5倍以上のアクセスがありました。
みんなのスラップへの関心がPV数として如実に表れています。

和明さん

ちなみにTwitterのインプレッションは8倍、レッスンに関するお問い合わせ数も通常比2倍になりました。

スラップ奏法はすごい人気です…!!


葉っぱの無い冬の木

ではー、
0回。
これは、なんの数字でしょう。

2020年の間に、仕事でスラップが必要になった回数です。
正確には「スラップで弾いてください!」と依頼を受けた回数です。

つまり。
インターネット界隈では大人気なスラップですが、少なくても僕の働き方ではスラップは必要ない技術なんです。

【最近のお仕事】

  • ベース教室の講師
  • レコーディング代行
  • 学校の芸術鑑賞会/部活の指導
  • 福祉施設のお楽しみ会
  • カフェやイベントのステージ

などなど。

女の子
生徒さん

かっこいいけど出番は少ないよね。

和明さん

音楽のジャンルにもよりますけど「年中スラップ!」という環境はなかなか無いんじゃないかなと思います。

結局スラップって出来たほうがいいの?

スタンド付きプル

ベースに関するコンテツンを使ってインターネット上で集客したいなら、スラップは必須スキルと言っても過言ではないでしょう。

  • SNSのフォロワー数
  • 投稿した動画の再生数
  • 記事のページビュー数

このあたりの数字は、スラップに関するコンテンツの量に比例して増加します。
データとして数字に表れているので、間違いありません。

和明さん

インターネットベースマンとして活躍したい場合には、ぜひぜひスラップの練習をオススメします!

ただ、

「必要ないなら無理に練習しなくていいんじゃない?」

というのが僕の考えです。

僕自身も仕事のステージには必要にないので、最低限講師として生徒さんに教えられる程度しか練習していません。

自分の弾きたい曲にスラップを使わないなら、弾けなくても何の問題もないです。

和明さん

自身のプレイスタイルに必要ない技術をわざわざ習得するのは時間が勿体ないです!
取捨選択が大切!

まとめ

これまで、ベーシストとしての基礎を育てるコンテンツを優先してスラップに関するコンテンツを投稿してこなかったBASS NOTEですが、ベースレッスンブログとしては超大型のブログに成長してきました。

スラップだけがベーシストの需要ではありません!

「必要なことを必要なタイミングでできる」

これがベーシストにとって最も大切なスキルです!