スポンサーリンク

ジャズの世界ではエレキは嫌われる?ウッドベースじゃなきゃいけないの?

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「自分はエレキベースしか弾けないのですが、ジャズのセッションではウッドベースが必須なのでしょうか?」

一般的に「ジャズの演奏」のイメージをビジュアル化したときって、ベースは大体アップライトベース(ウッドベース)を使っているんですよね。

ジャズの世界に触れたことがない人には「エレキベース厳禁のジャンル!」なんて思われたりもしています。

じつは全くそんなことはなくて。
実際のジャズの現場では、当たり前のようにエレキベースも使用されます。

僕の周りのジャズバンドさんを思い浮かべると、5人中4人がエレキベース奏者です。

そんなにエレキベース奏者の人口が多いのに、どうしてアップライトベースが求められるのでしょう。

今回の記事では、ジャズの世界でのエレキベースのお話について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ジャズの現場ではエレキベースは嫌われる?

ウッドベースが求められる理由

まずは「ジャズにはウッドベース!!」と言われてしまう理由から。

アップライトベースが求められてしまう大きな原因のひとつとして「一般層に定着してしまったイメージ」があります。

例えば、1番分かりやすいところだとお客さんの反応。

ジャズのステージでエレキベースを使う奏者が出てくると

「なんだよー、ジャズなのにエレキ使うのかよー」

なんていう感想を持つ人が一定数います。

和明さん

お客さんから直接「弦バス使ってほしかった!」なんて言われたケースもあるようです。


で、面白いことに。
逆にそのような感想を持つプレイヤーはほとんどいません。

…たまーに居るけどね(笑)

見た目のインパクト

アップライトベースって、ステージの外から見たときの「見た目のインパクト」が強いんです。

いかにもジャズ!って感じ、しますよね。

アコースティックギター、サックス、ヴァイオリン。
そんな生音楽器の中に一人だけエレキ!なんていう絵面が苦手な人もいるかもしれません。

実際、僕自身も雇われベーシストとして色んなアーティストさんのバックを務めてきましたが、ビジュアル的な面でアップライトベースの使用をお願いされたことが過去に何度もありました。

ジャズの世界では「雰囲気の演出」のためにアップライトベースが好まれることが多いみたいです。

和明さん

「ジャズです!」っていうアピールには、アップライトベースはぴったりなのかもしれませんね!

アップライトベースの音色

もちろん、アップライトベースにしか出せない音色やニュアンスもあります。

あの独特の箱鳴り、空気感。発音の遅さ、ピッチの悪さ。

そのサウンドが欲しくて、アップライトベースに強いこだわりを持っているプレイヤーもいらっしゃいます。

和明さん

さすがに「エレキ禁止!」とまで言われることは稀だと思いますけど。
「俺はアップライトの音が好きじゃあ!」というような方はもちろん居ると思います!


ジャズはもちろんエレキベースでもOK!

さて、冒頭のお話に戻りまして。

ジャズを弾く時にはアップライトベースじゃなきゃいけないの?

全然問題ありません!
自信を持ってエレキベースでJazz BARに突撃しましょう!

ジャズでエレキベースを使うメリット

実際のところ、プレイヤー側の目線で見ればエレキベースのほうがメリットは多いと思います。

ラクなんです。
とにかくラクなんです。

まず、エレキベースはアップライトに比べるとボディが小型で持ち運びが凄く簡単。電車に乗っても肩身の狭い思いをしなくて済みます。

そして、何も考えずに弾いても100%正しい音程で演奏できます。フレットの存在は偉大ですね。

最後に、電子楽器はハウリングしない。とくに大きなステージで演奏するとき、LINE出力ができるエレキベースにはPAさんもニッコリです。

生のアップライトベースは、とってもハウリングしやすい楽器なのです。


エレキベースを使っているジャズの巨匠

1970年代のジャズ・フュージョン時代には、急激にエレキベースを組み込んだジャズが普及しました。

エレキジャズ世代ど真ん中の巨匠だと、スタンリー・クラーク(Stanley Clarke)氏あたりが有名でしょうか。

彼がリリースした「The Stanley Clarke Band」は、第53回グラミー賞最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞を受賞しています。

和明さん

スタンリー先生はALEMBIC / SCSB4を愛用しています。
ジャズでエレキを使っても良いんです!!

まとめ

  • ジャズの現場でエレキベースを使っても全然問題なし!

アップライトベースを使ってあげると喜ばれることもあるかもしれませんが。

正しくベーシストとしての役割を果たせているのであれば、エレキベースでもなんの問題もありません!

僕自身も、誰かにお願いされない限りは基本的にはエレキベースを使用しています。
楽だからネ。

「今まで否定的だったけど、エレキベースで弾くジャズも良いですねぇ!」

なんて言ってもらえたこともあります。

ジャズの世界で大切なのは「どんな楽器を使うか」じゃなくて「どんな楽しみ方をするか」です!

あなただけのエレキベース・ジャズを極めてみてください!

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE