スポンサーリンク

【強拍・弱拍】アウフタクトとシンコペーションについて

アウフタクトとシンコペーションについて

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

生徒さんからの質問です。

「アウフタクトとシンコペーションについて教えてください」
Anserどちらも符割をあらわす言葉になります!

弱拍
(=裏拍)から入るリズムのことをアウフタクトと呼びます!
また、弱拍から入った音符を次の強拍
(=表拍)まで伸ばすことをシンコペーションと言います!

リズムをつかさどるベーシストとして、必ず知っておかなければならないアウフタクトシンコペーション

この概念を正しく理解していないと、特殊な符割に対応できない残念ベーシストになってしまいます。

アンサンブルの土台を支えるベーシストが、曖昧なビートを刻むなんて御法度です。

また、アウフタクトとシンコペーションが使いこなせるようになると、作曲をするときにも「素人くさいアレンジ」から脱出することができるようになります!

しっかり勉強して、リズムのプロフェッショナルを目指しましょう!

スポンサーリンク

【事前知識】強拍と弱拍について

強拍と弱拍

アウフタクトとシンコペーションについてお話するまえに、知っておかなければならない「強拍」「弱拍」の知識について解説します。

リズムの重心がくる拍を「強拍(きょうはく)」、それ以外を「弱拍(じゃくはく)」と表現します。

音のベロシティ(強弱)の話ではないので注意!

慣れないうちは、

  • 強拍 = 表拍
  • 弱拍 = 裏拍

という考え方で問題ないでしょう。

和明さん

とくに3拍子(ワルツ)を演奏するときには、強拍…つまりone, two, threeのoneを強調してあげるとはっきりとワルツ感が出ます!


マーチ系の楽曲を聴いてみると、リズムの重心の位置を感覚的にとらえやすいと思います!

アウフタクトとは

Auftakt


アウフタクトについて

弱拍から入る符割のことをアウフタクト(auftakt)と呼びます。
日本語では「弱起(じゃっき)」なんて言われますね。

和明さん

「フレーズの頭拍が休符になっていること」と覚えると分かりやすいですね!


例えば、分かりやすいところだと童謡『森のくまさん』の冒頭。
「ある日〜♪」は3拍目の裏拍から入っていますね。

和明さん

ワン、トゥー、スリある〜ひ〜♪


もう一例、Foorinのパプリカ。
冒頭の「まがり〜くねり〜♪」というフレーズは、4拍目の裏から始まっています。

和明さん

ワン、トゥー、スリー、フォまがり〜くねり〜♪

アウフタクトの例・世界にひとつだけの花 – SMAP
・桜坂 – 福山雅治
・君にこの声が届きますように – 谷本貴義
・OVERLAP – Kimeru
・残酷な天使のテーゼ – 高橋洋子
・女々しくて – ゴールデンボンバー

などなど。

シンコペーションとは

Syncopation


シンコペーションについて

本来の弱拍を強拍的に扱う技法のことをシンコペーション(syncopation)と呼びます。

「弱拍から次の強拍にかけて音が伸びていること」という覚え方で間違いないでしょう。

和明さん

よく分からないときは「裏拍にある4分音符以上の長さの音」という考え方で探してみましょう!

ちなみに小節をまたぐシンコペーションを頭食い、
小節の中でシンコペーションすることを中食いと呼びます!


DALIのムーンライト伝説。

「ゴメンね 素直じゃなくて」の「すな〜お」、
「夢の中なら云える」の「中な〜ら」がシンコペーションになっています

和明さん

冒頭の「ゴメンね」は3拍目裏からのアウフタクトになっていますね!


BABYEMETALのシンコペーション。
タイトルそのままに、リフもメロディもシンコペーションだらけな一曲です。

シンコペーションの例・鉄腕アトム – 上高田少年合唱団
・ハレ晴レユカイ – 平野綾・茅原実里・後藤邑子
・Heart To Heart – 中山愛梨沙
・Wild Flowers – RAMAR
・THIS ILLUSION – M.H.
・冥王 – Sound Horizon

などなど。

まとめ

食って入る符割、アウフタクトとシンコペーションについて解説しました。

  • 弱拍からフレーズが始まっているのがアウフタクト!
  • 弱拍から音が伸びているのがシンコペーション!

この2点を押さえておけば完璧です!

正しくリズムをとらえて、弱拍から入るフレーズもブレずに演奏できるようになりましょう!