ベース初心者入門ガイド
ベースの選び方
スポンサーリンク

ベーシスト向け!自分に合ったオーディオインターフェイスの選び方!

宅録機材/アプリ

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「オーディオインターフェイスってどれを選んで良いのかよく分かりません…」

ベースのレコーディングに必須の機材、オーディオインターフェイス。

値段も性能のピンキリなので、いざ「さぁ、買うぞ!」となった時にどれを買えばいいのか迷ってしまうと思います。

元職業DTMerの筆者。
1,000円未満で買えるモデルから商用のCDを作るプロ仕様のモデルまで、今まで様々なオーディオインターフェイスを使って来ました。

そんな僕から、オーディオインターフェイスの選び方について紹介してみようかなと思います。

スポンサーリンク

オーディオインターフェイスの選び方:基本編

  • 動作環境の確認
  • 接続USB端子の確認
  • INPUT端子の種類を確認
  • OUTPUT端子の数を確認
  • 音質を確認

オーディオインターフェイスを選ぶ際に重要な5つのポイントを解説します!

動作環境の確認

商品の販売ページや公式サイトにアクセスすると、必ず「動作環境」「システム要件」といった項目が記載されています。

  • 「mac OS専用!」
  • 「Windows対応!」

などなど、まずはお使いのマシンで動作するかを確認しましょう。

和明さん
「せっかく買ったのにウチのPCじゃ使えない…」なんていう事故を避けるためにも、購入の前に必ず動作環境を確認しましょう!


スマホでのレコーディングや、弾いてみた動画の撮影をしたい方は

  • 「iOS対応」
  • 「Android対応」

という表記を確認するようにしましょう。

また、

  • CPU: Intel Core2プロセッサ/1.6Ghz以上
  • メモリ: 4GB以上推薦

といった具体的なPCのスペックが指定されている場合もあります。

お手持ちのPCのスペックが必要条件を満たしているか、必ず確認するようにしましょう!

接続USB端子の確認

USB3.0に最適化されたモデルとか。

Thunderbolt接続のモデルとか。

オーディオインターフェイスの性能に合わせて、PCとの接続形式が異なります。
自分のマシンに合ったモデルを選ぶようにしましょう!

iPhoneやiPadでレコーディングがしたい方は「Lightning対応」のような表記があるモデルを選ぶと確実です。

和明さん
ほとんどの家庭用のオーディオインターフェイスは、USB2.0に最適化されています。
最も普及している端子なので、問題なく扱うことができると思います。

INPUT端子の種類を確認

「モノラルでベースだけ録音できればいいよ!」とか。
※標準TSフォン端子

「マイクでヴォーカルもレコーディングしたい!」とか。
※XLRコンボ端子

「ステレオでオケも一緒に録音したい!」とか。
※TRSフォン端子

用途に合わせて入力端子の種類を決めるようにしましょう。

和明さん
ステレオ入力(TRS)に対応したモデルを探すのはちょっと大変!

モノラル端子(TS)2つでも、ステレオ入力は可能です!


「外部FXリターン」「リアンプ」といった、本格的なレコーディングMIX作業を行う場合には4IN以上が必要になります。
▶︎元職業DTMerによる宅録講座!機材のセッティングについての解説

OUTPUT端子の数を確認

DTMのミックス作業を行う場合、1種類のスピーカーで作業を完結させることはありません。
クセの違う複数のモニターでミックスして、どんな環境でも綺麗に聴こえるように均等化を図るためです。

複数のモニターを接続できるモデルを選べば、聴き比べの際に抜き差しする必要がないので効率的です。

「練習のときにいろんなアンプを使いたい!」なんて方にも有効ですね。

和明さん


スプリッターなどを噛ませれば、後からいくらでも増設することもできます!

音質を確認しよう

オーディオインターフェイスの音質は

  • サンプリングレート(単位: kHz)
  • 量子化ビット数(単位: bit)

という2種類の数字で表されます。
どちらも、数字が大きくなればなるほど高音質ということになります。

こちらも商品のスペック表の中に必ず掲載されています。
必ず確認するようにしましょう!

ちなみに市販のCDは44.1kHz/16bitです。

和明さん
ベーシストが自宅で使用する分には、96kHz/24bitもあれば十分すぎるほどでしょう!


ちなみに高音質モードでレコーディングをしようとすると、PCへの負荷もそれなりに大きくなります。

192kHzを超えると、PC側のスペックもかなり高いものを要求されてきます。

自分のパソコンの性能と合わせて音質を選びましょう。


オーディオインターフェイスの選び方:応用編

筆者が個人的に意識しているポイントを2点紹介します。

モニターMIX

「モニターMIXノブ」

PC内で再生されている音と、自分が演奏している楽器の音のバランスを調節できるノブです。

「YouTubeの動画に合わせて練習がしたい!」なんて方には、この機能が非常に役立ちます!

和明さん
ホント便利!
もう、ただただ便利なんです!!

モバイル性

「スタジオに持ち込んでレコーディングがしたい!」
「外出先でも生配信がしたい!」
「とにかくシステムを小型化したい!」

そんな方は、ぜひモバイルサイズのオーディオインターフェイスを検討してみましょう!

我が家でも、小型のオーディオインターフェイスを導入しています。
▶︎【iRig Pro DUO】モバイルオーディオインターフェイス徹底レビュー!

和明さん
小さいは正義です!!

ベーシストにオススメのオーディオインターフェイス

STEINBERG/ UR22mkII

オーディオインターフェイス入門の超定番品!

必要最低限の機能をすべて網羅。
WindowsでもMacでもiOSでも使えます!

まず間違いのないスタンダードモデルです!

Native Instruments / KOMPLETE AUDIO 6

見た目も機能も素敵な一台。

充実の6IN/6OUT、操作しやすい大型ノブ。
LED表示が見やすくて、ライブでシーケンスを走らせた演奏をするときなんかにも使えます。

作りが頑丈なうえ、たくさん特典がついてくるのも高ポイント!

IK MULTIMEDIA / iRig PRO Duo

小型化を追求するならコレ!
モバイルサイズでステレオINに対応した数少ないモデルです!

パソコンにもスマホにもしっかり対応!

まとめ

  • 動作環境の確認
  • 接続USB端子の確認
  • INPUT端子の種類を確認
  • OUTPUT端子の数を確認
  • 音質を確認

オーディオインターフェイスを選ぶときは、まずは上記の5点に着目して厳選してみましょう。

INPUT、OUTPUTの数はミキサーなどを接続することで増設可能です。
多過ぎてもお値段が張ってくるので、欲張らずに自分の用途を考えて選んでみてください!

動作環境だけは必ず注意して確認するようにしましょう!

オーディオインターフェイスを購入したら「元職業DTMerによる宅録講座!機材のセッティングについての解説」で接続方法を確認しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE