三連(シャッフル)の裏拍でクリックを鳴らしてみよう!

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のレッスンでは、イーブンな音符から少し外れて3連系のリズムトレーニングを行なってみたいと思います。

《3連の裏》でクリックを鳴らしてみましょう。

スポンサーリンク

そもそも3連の裏って何?

次の楽譜を見てみましょう。

4分音符を3等分した音符が3連符です。
そのうち1つ目の音符を《頭拍》2つ目の音符を《裏拍》と呼びます。

三文字の言葉を一つ思い浮かべてみて下さい。
例えば、カエル。

、…

が表拍、が裏拍、ということになります。

3連符の3つ目で鳴らしてみよう。

僕はジャズの庭の人なので、雰囲気を出すためにこんな模範演奏を用意してみました。

BPM=100、Key=CでI-VI-II-Vのウォーキングベースのラインです。

厳密には3連系の《シャッフル》とジャズの《スウィング》では捉え方に違いがあるのですが。
今回の3連の裏を取る基礎練種は、ジャズのスウィングやレイドバックのスキルを身につける上でも必須になってくる練習です。

必ず身につけましょう!

練習の前に

練習の前に、ドラムのライドの音に集中してみてください。
初心者さんにはこの工程が非常に大切になります。

チー、チッ、チーチッ

跳ねたライドの音が聞こえてきたら合格です!

スポンサーリンク

練習してみましょう

  • Lesson.1

まずはこちら。

3連の裏にクリックを鳴らしながら、ドラムトラックも同時に鳴らしています。
まずはこれで感覚を掴んで下さい。

  • Lesson.2

続いて、こんな模範演奏。
楽譜は変わりません。

ドラムトラックをミュートしました。
頭拍にガイドのクリックを鳴らしてあるので、ここで頭をきちんと取る練習をしましょう。

頭の中でリズムを刻む時には、「タッタ、タッタ」っと中抜きではなくて「タツカ、タツカ」と必ず3つ分の音符を感じるようにしましょう。

  • Lesson.3

それでは、最後に大本命の練習に移ります。

頭を見失わないで。
リズムが楽しく跳ねている感覚を身につけながら、裏拍を感じて下さい。

今日のレッスンはここまで!

僕の個人練習でも、この3連の裏でクリックを鳴らす練習は毎日採用しています。
多種多様なジャンルに対応できるベーシストになるためには欠かせない練習です。

必ず身につけましょう!

スポンサーリンク

シェアする