スポンサーリンク

【ベース】弾けないフレーズの有効な克服方法は反復練習のみ!

苦手なフレーズを克服するコツについて

こんにちは、ベース講師の高橋和明(@KAZUAKI_virgiL)です。

生徒さんからの質問です。

Question「プロでも弾けないフレーズとか苦手な運指ってあるんですか?」
Answerもちろんありますよ!
そんな部分は、苦手克服用の集中反復練習で乗り越えます!

人それぞれ、苦手なフレーズっていうのはあると思うんです。

肩書き上はプロベーシストである僕ですが、もちろん僕にも大なり小なり弾けないフレーズはあります。

しかし「誰だって弾けないフレーズはあって当たり前!」なんていう甘い考えで、苦手ポイントを放置しておくのは気分が悪いですよね。

そんな苦手フレーズを克服するには、兎にも角にも反復練習が一番。
楽器の上達には、練習以外の近道はありません。

スポンサーリンク

ベースな苦手なフレーズを克服する方法

1.苦手なポイントを分析する

  • どの弦の演奏が苦手なのか
  • どの指を使うのが苦手なのか
  • どのくらいのテンポから弾けなくなるのか
  • 前後のフレーズによって弾きやすさが変わるか
  • (移調して)違うフレットで同じフレーズが弾けるか

などなど。

まずは「何が弾けないの?」という問いに対して「こういうフレーズが苦手です」と答えられるように、自分の苦手な部分を細かく洗い出せるようになりましょう。

和明さん
和明さん

苦手から目を逸らさずに、自分を客観視できるようになるのが上達の鍵です!


Illの苦手な1フレーズ

例えば、僕の場合だとこんな感じの運指が苦手です。
小指と他の指で、弦をまたいで高速移動するフレーズになります。

和明さん
和明さん

BPM190〜220くらいの速さで演奏するフレーズになります!

2.反復練習

苦手ポイントが具体的に割り出せたら、あとは反復練習です。

愚直に苦手なフレーズだけをリピートして練習するも良し。
BASS NOTE内で紹介している基礎練習フレーズを応用しても良し。

例えば、今回のような小指を駆使した弦移動のフレーズではーー。

ハナマルセンセイション小指強化版
(※タップで拡大)

「現役ベース講師が教える右手と左手のタイミングを鍛えるための基礎練習」の記事で紹介している基礎練習を引用して、フィンガリングを変えて修行することができます。

苦手なフレーズをひたすら反復するのはもちろん、菊地雅臣さん著「そのまま使える!!至高のベーストレーニングフレーズ」のような練習フレーズ集を使って練習してみるのもオススメです。

和明さん
和明さん

自分の苦手ポイントを駆使できるような練習フレーズを探してみましょう!

反復練習以外の上達方法はないの?

生徒さん
生徒さん

先生、反復練習なんてありきたり過ぎてBASS NOTEらしくないと思うんですけど…。

なんか他に良い練習方法ってないんですか?

和明さん
和明さん

ありません!
なんで「反復練習」がありきたりな練習方法として定着したか分かりますか?

もっとも有効な練習方法だからです!

反復練習が重要な理由

神経細胞の数は特殊な例を除いて、生涯増えることはないが、回路の連結の仕方はいくらでも新しく形成することができる。
繰り返し練習を重ねることによって、ピアノで難しい曲が弾けるようになったり、複雑な器械体操ができるようになるのは、脳内に新しい回路のパターンが形成されるからである。


引用: 福岡伸一 – 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

脳内の命令回路

人間の脳の中では、神経細胞がネットワークを構築しています。

和明さん
和明さん

このネットワーク(神経回路)が情報を伝達します。


進化した脳内の命令回路

このネットワークは反復動作によって、どんどん新たな回路がパターンが形成されて効率的に強化されていきます。

これが、繰り返し練習することで技術が向上していく仕組みです。

和明さん
和明さん

反復練習こそが、人体の細胞レベルで考えても上達への最強の近道なのです!

まとめ

よく「ベースを上手く弾くコツは何ですか?」という質問を頂くんですけども。

結局のところ、丁寧な反復練習以外にベースが上手くなるコツなんてないと思うんです。

和明さん
和明さん

「上手く弾いてるように聞こえるコツ」なら色々あるんですけどね。
BASS NOTE内でもいろいろ紹介しています!

とにもかくにも反復練習!
苦手を克服できたとき、あなたはベーシストとして一段階成長します。

さあ、まずは自分の苦手ポイントを分析!
あとは練習です!