ベースのエフェクターに充電式の9V電池を使ってみたら捗った!

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

「エフェクターに充電池を使ってみる!」

アクティブのベースや、足元のエフェクター。
他にもワイヤレス機器の子機など、何かと我々ミュージシャンとは因縁の深い9V電池。

「電池が切れるたびに100均に走る…」なんて経験のある方も多いのではないでしょうか。

和明さん
9Vの角電池なんて家に常備してないもん…。


9Vの充電池が家に1つあれば「慌てて買いに行く」なんてコトはなくなります!

まさに文明の利器。
きちんと動作する充電池を選んであげれば、一生9V電池レスに悩むことはなくなるでしょう。

今回の記事では、エフェクターに使える充電式9V電池についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

Keenstone 9V リチウムイオン充電池

ばばばばん!

今回はKeenstoneの9Vリチウムイオン充電池を選んでみました!
3個口のモデルです。


似たようなモノだとEBLから5個口のモデルが販売されているんですけど。

チャージャー(充電器)が無駄に場所を取りそうだったので、スリムに使えるKeenstoneのモデルを選びました。

  • EBL … 8.4V 600mAh
  • Keenstone … 9V 800mAh

と、出力的にもKeenstoneの製品のほうが優れています。

他社の充電池との互換性がないのが注意点です。

和明さん
(普通に使えそうですけどね…!)

充電池の使い方

使い方はとっても簡単。
付属のチャージャーに充電池をセットするだけです。

充電が開始されると、赤色のLEDが点灯します。

LEDが青色に変わったら、使用可能!

あとは通常の9V電池と同じように、機材にセットするだけで使用することができます。

和明さん
バッテリーが切れたら、充電して再利用。

当たり前のことなんですけど、これが信じられないくらい便利なんです!

充電池をエフェクターに使う

BASS NOTEでは毎度おなじみ、Ampeg/SCR-DIに充電池をセットしてみました。

素晴らしい!
しっかり起動しました!

音質テストも問題無し。
電源ノイズが発生することもなく、安定して動作しました。

9V電池をDCアダプタに直差しできるバッテリースナップを使用しても、ばっちり動作しました。
▶︎9V電池をDCアダプタに変換!TECH バッテリースナップ!

和明さん
文句なし!
Keenstoneの9V充電池、完璧です!

まとめ

  • Keenstone製の9V充電池はエフェクターに使える!

素晴らしい!
Amazonで星4を誇っているだけのことはあります!

これで二度と9V電池を買いに走ることがなくなりました。
人生の無駄な時間を削るための初期投資ですね。

充電すれば無限に使えるので、ケチらずにガンガン使っていけるのも最高です。

DCアダプタの煩わしさからも解放されました。

Keenstoneの9Vリチウムイオン充電池、全てのミュージシャンにオススメです!

スポンサーリンク




シェアする