ベース初心者入門ガイド
ベースの選び方
スポンサーリンク

ベースの指板に使われる木材の特徴と音の関係を分かりやすく解説します

ベースの選び方

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

生徒さんからの質問です。

「指板に使われてる木が違うと音も違うんですか?」

これは中々マニアックなお話になってきます(笑)

気にしなければ都市伝説程度の認識でも構わない違いだし、
突き詰めて出音の波形を分析してみると意外と大きな差があるし。

今回の記事では、指板による音色の違いについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

忙しい人のためのまとめ

・ローズウッド:
柔らかいサウンド

・メイプル:
明るいサウンド

・エボニー:
素直なサウンド

各指板の特徴

詳しく見ていきましょう。

※普段は使わないベースたちを引っ張り出してきたので、弦や指板が汚れています(´・_・`)

ローズウッド(Rosewood)

日本名は紫檀(シタン)。
指板としては最も普及している木材になります。

音の立ち上がりは滑らかで、太いサウンド。
だけど音の輪郭は決してボヤけない。
主張し過ぎない高音と、埋もれることのない低音。

攻守共にバランスのとれた指板材です。

メイプル(Maple)

日本名は(カエデ)。
その硬い(反りにくい)性質からネック材としても使われることが非常に多く、ネックと指板が一体のモデルも存在します。

音の立ち上がりが早く、明るいサウンドが特徴的。
中域〜高域に強くて、アタックも出やすい。

バッキバキのスラップをやるならメイプル一択です。

エボニー(Ebony)

日本名は黒檀(コクタン)。
エレキベースの前身である、コントラバスの指板に使用されている高級な木材です。

音の立ち上がりは最速。
それでいて角が立ち過ぎない。
メイプルに比べて、低音の出力にも優れている。

癖のない素直で従順な音が欲しいならコレ。

一長一短

メイプルはしっかりと弾き手がアタックをコントロールしてあげる必要があったり。
ローズウッドは劣化に強いけど、逆にエボニーは乾燥に弱いのでオイルでのメンテナンスが必須だったり。

それぞれの木材に一長一短の特徴があるので、一概に「この指板材がオススメだよ!」とは言えません。

ちなみに僕はエボニー指板が好物です。
理由はもちろん真っ黒で美しいから!

音色を決める要因は他にも

オイルフィニッシュにすると音がボケたり。
ボディとの繋ぎ目のボルトが影響してきたり。

楽器の木材による音色の変化は、一筋縄ではいきません。

エフェクターやアンプで歪ませるなら、指板による音色の変化はほとんど関係なくなったりします。

指板材は音色以上に見た目への影響が大きいので、ビジュアル的に見て好きな色の指板を選べばいいんじゃないかな!というのが僕からのワンポイントアドバイスです(笑)

初心者入門ガイド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE