スポンサーリンク

アクティブベースの電池が取れない!外れない9V電池はこうやって抜く

電池が抜けない

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

「アクティブベースの電池を交換しようとしたら、電池が抜なくて困った」

こんな経験はありませんか?
とくに、G&L L-2000のようなキャビティ(裏蓋)内にバッテリーボックスがついている場合。
▶︎【G&L】現役ベース講師によるL-2000徹底解説

9V電池の幅に対してギチギチに設計されていて、思うように電池が取り出せなくなってしまうことも…。

配線を引っ張っちゃダメ!

そんな状態になってしまったとき、無理にバッテリースナップを引っ張ってしまうと断線のリスクが伴います。

無理せずに道具を使って電池を取り出しましょう!

今回の記事では、アクティブベースの電池の取り方についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

ベースの電池が取れない!

電池が…交換できない…!

ドライバーを使って電池を取り出す

ドライバーとクロス

用意するものは、マイナスドライバー
そして楽器用のクロス

和明さん

ボディに傷をつけないように慎重に作業を行いましょう。


9V電池の底面

9V電池のココ!
底面の出っ張りを狙ってマイナスドライバーを引っ掛けます。

ボディの木材を傷つけてしまわないように、クロスを噛ませてあげましょう。

テコの原理で引き上げる

テコの原理で、電池を引き上げます。

和明さん

優しく!少しずつ!


持ち上がりました!

支点を高くして、さらに電池を持ち上げます。


取れたー!

無事に電池を交換することができました!

再発防止策

「電池抜けない事件」の再発防止のために、伸びないタイプの硬いビニールを噛ませました。

このビニールを引っ張れば、電池が取り出せます。

一度味わったトラブルは2度と再現させない。
大切なことですよね!

和明さん

薄いリボンなんかでも良いですね!

まとめ

  • 電池の交換は優しく!

とくにアクティブベースを使用している方は、定期的に電池を交換する機会があると思います。

バッテリーの残量が少ないと、ノイズの原因になってしまうことも。
▶︎アクティブベースから変な音が…?ノイズの原因は単純でした。

楽器は繊細です。
無理なく丁寧に扱って、優しく電池を取り出してあげましょう!

和明さん

工具を扱う以上、完全に自己責任の世界です!

力の入れすぎには十分に気をつけて作業を行うようにしましょう!