平行調とは? ベーシストのための指板で覚える平行調

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterからの質問です。

「平行調について教えてください」

平行調。
カタカナではレラティブキーなんて言われるやつですね。

平行調って何?
Key=Cの時の平行調は?
どうしてそうなるの?

今回の記事では、そんな部分を分かりやすく解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

平行調とは

まずはその概念を、鍵盤で理解していただきましょう。

ピアノでドレミファソラシドのCメジャースケールを弾くと、当たり前ですけどこんな感じになります。
白鍵だけで弾けるのがCメジャースケールですね。

では、ここでクエスチョンです。
ピアノでAmスケールってどうやって弾くか知ってますか?

――これを知っていれば、ほぼほぼ平行調について僕からお話することは無くなってしまうんですけど(笑)

正解は、このような感じになります。

そうです。
Amスケールも白鍵だけで弾けるんです。

もっと言うと、
CメジャースケールをAの音から弾き始めると、Amスケールになるんですね。

まずはここまで、大丈夫でしょうか。

ベースの指板で確認してみよう

①番から弾くとCメジャースケールです。


同じポジションで、振った番号の位置を変えてみましょう。

こちらの①番から弾くとAマイナースケールになりました。


TAB譜やフォームで覚えていると、気付かないことが多いんですけど。

CメジャースケールAマイナースケールは構成音が同じなんですね。

「平行調とは構成音が同じスケールである」
これが平行調の概念になります。

ダイアトニックでも見てみよう

これはスケールだけの話ではなくて、楽曲のキーでも同じ話になります。

こちらがKey=Cのときのダイアトニックコードです。

そしてこちらがKey=Amのときのダイアトニックコードです。


並べてみましょう。

ほら、一緒!

なるほど、なるほど。
Key=Cの曲でAmマイナーのペンタトニックスケールが使えるのは、この辺の理由からなんですね。

構成音が同じなら、音を外すことはありません。


平行調の導き方

平行調を探し出すことができれば、使えるスケールが一気に2倍に増えるわけですから当然自分の中の引き出しも広がります。

ベーシスト向けに平行調の探し方について解説していきましょう。

メジャーキーの3度下がマイナーの平行調というのが、教科書通りの教え方です。

フレットの位置関係で覚えると、非常に覚えやすく導きやすいと思います。

メジャー音に対して、1弦隣・2フレット下の位置にあるのがマイナーの平行調です。

この法則は、どの弦のどのフレットにも当てはまります。

Dの平行調はBm。

Eの平行調はC#mです。

平行調と調号の話

少しだけ調号についてもお話をしておきましょう。
▶︎二度と忘れない調号の覚え方

#3つKey=Aメジャーです。
そして同時に、#3つKey=F#マイナーをあらわしています。

平行調ですからね!

#3つの時のキーは何でしょうか?」という質問には、「F#mです」と答えるのが正解なんですね。

そのうちのどちらなのかを判断するのは、曲調や出てくるコードの頻度を見ることで理解できます。

なんとなく明るかったらメジャーキー。
聞いた感じ暗かったらマイナーキー。

使える音価は変わらないので、この程度の解釈でも十分だと思います(笑)

♭系の例もあげておきましょう。
♭6つG♭メジャー
平行調のE♭マイナーも♭6つであらわされます。

#系と同じですね。

♭6つの時のキーは何でしょうか?」という質問には、「G♭E♭mです」と答えるのが正解になります。

まとめ

平行調、なんとなく分かりましたか?

「平行調は3度下」
これだけ覚えておけばバッチリです。

今回の記事で、メジャーのコード上でもマイナーのスケールが演奏できるようになったと思います。

演奏の幅が広がりましたね!
ぜひぜひ、今後の音楽ライフに活かしてみてください!

スポンサーリンク

シェアする