スポンサーリンク

ベースの指板上を縦横無尽に演奏できるようになるための練習方法

指板上を縦横無尽に動く練習

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

生配信中に頂いた質問です。

「ドレミを縦横無尽に弾けるようになるためにはどうしたらいいですか?」

指板上の度数が見えるようになる必要があります!


ベースの指板を縦横無尽に駆け回るようなプレイング、カッコよくて憧れちゃいますよね!

「指板上で自由にスケールを弾く」ということ自体はさほど難しい技術ではなくて、正しく段階を追って練習すれば誰でもあっさりと弾けるようになります。

今回の記事では、縦横無尽にスケールが弾けるようになるための練習方法について解説します!

ベースのコード弾きに役立つ関連記事

【初心者向け】超簡単!ベースでドレミを弾いてみよう!

自由にアドリブ演奏したいベーシスト必見!指板上の視野を広げる練習

スポンサーリンク

指板上を縦横無尽に演奏するための練習

3弦の3フレットに指を置く

例えば、3弦3フレットのC(ド)に左手の中指を置いた場合。

皆さんは、どのくらい指板が見えていますか?

和明さん

「ハイ、じゃあドレミを弾いて!」と言われたら、どんなふうに指を動かしますか?


通常のCメジャースケール

もっともオーソドックスなのは、この形だと思います。
通常のCメジャースケール(ドレミ)です。

ベース講師が見ているCメジャースケール

じゃじゃん。
僕の頭の中では、こんな感じに指板が見えています。

和明さん

これが縦横無尽に指板を上下できるカラクリです!


正確には度数で見えている

正確には、このように度数で指板上のCメジャースケールの形を把握しています。

こんな感じで指板上を把握できるようになるためには、いくつかの練習が必要になります。

スケールの形の把握

まずはいろんな運指でスケールが弾けるようになりましょう。
例えば、これは人差し指がルートになる形のCメジャースケールです。

こちらは、ルートに小指を置いた形のCメジャースケール。

こんな感じで、まずは4弦の8フレットから始まるいろんなドレミを探してみましょう!

和明さん

いろんな形でスケールを弾けるようになりましょう!


指板を縦横無尽に往復する例

変則的なCメジャースケール
変則的なCメジャースケールのTAB譜

じゃじゃん。
2フレットから8フレットまでを豪快に使ったCメジャースケールです。

一見複雑ですが、やっていることは非常に単純!
いろんな形のスケールを融合させてドレミを弾いているだけです。

ここだけ見れば小指ルートの形

分解して見てみると、分かりやすいと思います。

最初のドからレにかけては、小指ルートのメジャースケールです。

ここだけ見れば中指ルートの形

レからソにかけては、オーソドックスな中指ルートのメジャースケールを引用しています。

ここだけ見れば人差し指ルートの形

ファから高いドまでは、人差し指ルートのメジャースケールになっています。

こんな感じで、複数のスケールの形を複合させることで指板の視野が広がります。
これが縦横無尽に指板を動き回るための第一歩です!

和明さん

各指ルートのメジャースケールについてはこちらの記事で解説しています!

2.度数の把握

ルートから見たコードトーンの度数

スケールの融合をスムーズに行うために便利なのが、「度数の把握」です。
ルートを基準に、他の音がどこにあるのかを瞬時に導き出せるようになります!

こちらはBASS NOTEの「理論派ベーシスト育成計画」を実践していただくことで、身につくはずです!

ベースの指板を自由に上下するための訓練

次はどこに飛ぼうか考える

「次はどこのFに飛ぼうかな?」

ということを考えながら、いろんな運指を反復練習してみましょう!

  • いろんな運指でスケールを弾けるようになる。
  • 身につけた運指を融合させると視野が広がる。
  • 融合させるには度数が分かると便利。

フタを開けてみれば、指板を縦横無尽に駆け巡るのは難しいことではありません!
兎にも角にも、大切なのは試行錯誤と反復練習!

和明さん

最初はゆっくりポジションを考えながらはじめましょう!