初心者ベーシスト必見!指を大きく広げるための簡単トレーニング

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

Twitterから質問を頂きました。

「指を大きく広げるトレーニング方法を教えてください」

楽器を始めた頃は、とくに自分の指の不自由さにうんざりしてしまうんですよね。

でも諦めないで!
指の開き具合は、誰でも意外と簡単に克服することができます。

今回の記事では、指を大きく広げるためのトレーニングを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

指を広げるトレーニング

僕が楽器を始めたての高校時代に、実際に行っていた指開きの練習方法です。

じゃん。

押弦する左手の中指と薬指の間に、デカいものを詰め込みます。

筆入れでも、右手の拳でも、スマホでも何でも良いです。
僕は、高校の授業中にずーっとケータイを指に挟めていました。

表から見ると、こんな感じ。

可能なかぎり(第3関節側)にねじ込んでいくのがポイントです。

他のプロの方と、このトレーニングのお話をすると

「あ〜ww  それめっちゃやったよww」

という答えが高確率で返ってきます。
そう、誰しもが通る道なんですね(笑)

最初は痛くて辛いんですけど笑
人間の体というのは不思議なもので、どんどん柔軟性が増して指が慣れてきます。

その段階まで行けば、演奏は上手くなったも同然です。

効果

この辺の余裕が段違い変わってきます。

中指の薬指の自由度は、プレイ中の指の開き具合に直結する大切なポイントです。

上記のトレーニングに飽きてきたら、薬指と小指の間など他の指でも試してみましょう。

指が短くても大丈夫

指が短くて、どんなに頑張って開いてもフレットに届かない…

never give up!

人間の適応能力は、自分で思っているよりも遥かに凄まじいです。

僕の指を見てみてください。

左の指のほうが長いんです。
これね、楽器を始めてから長くなったんですよ(笑)

練習を続けていると、勝手に指が伸びてきます。
僕の周りのプレイヤーにも、左手の指のほうが長くなっている方が大勢います。

継続は力なり。
「届け〜!」と頑張っていると、根性で届くようになるんですね。

指の行動制限に関しては、完全に努力次第でどうにでもなってきます。
諦めずに頑張りましょう!

スポンサーリンク

シェアする