ベース初心者入門ガイド
ベーシストのためのリズム感診断テスト
スポンサーリンク

【水ぶくれ】ベースの水ぶくれは潰す?早く治すには放置が一番!

雑記
ベースの水ぶくれを早く治す

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

今回のテーマは

ベースの演奏による指の水ぶくれ

についてです。

今期のイベントシーズンのハードな営業の中で、やってしまいました。
▶イベントシーズンで大忙し!現役ベース講師の現状報告と今後の告知。

12月31日 大晦日。
久々に数時間にわたってアップライトベースを演奏し続けて、ステージから降りたあと指先になにやら違和感が…。


なんということでしょう。

間違いありません。
水ぶくれです。

和明さん

とくにエレキとアップライトの二刀流のベーシストさんには、よくあるお話だと思います…!


ベーシストの皆さんなら、誰でも一度は経験があるであろう演奏による水ぶくれ。

とくに指先の水ぶくれというのは厄介で、嫌でも見えてしまう所なので一度発症すると気になって仕方ないんですよね。

そんなわずらわしい水ぶくれを早く治すには、放置が一番!

なんと発症から3日後には完治していました。

今回はそんなお話です。

スポンサーリンク

ベースの演奏でできた水ぶくれを早く治す方法

僕は今まで「すぐ破る派」だったんですけど。

結論から書くと、「放置派」が一番早く治ります。

水ぶくれが治った

こちらが、水ぶくれができて三日後の1月3日の写真。

完治!!!
あまりに違和感がなかったので、水ぶくれのことを忘れていました(笑)

和明さん

痛みもないし、見た目も綺麗に治ります!


水ぶくれは放置が一番!
この結論に変わりはないので、念を押して真っ先に書いておきます。


さて、この記事の残りの内容は雑学です。

ベーシストと水ぶくれの関係その対策について詳しく書いてあります。

指先の水ぶくれの気を紛らわせるために、時間潰しの感覚で読み進めてみてください。

和明さん

水ぶくれができてしまった場合の練習方法なども紹介しています!


そもそもベーシストの水ぶくれの原因は

ベーシストにとっての水ぶくれの原因は大きく分けると2つ。

  • 1. 指先に力を入れ過ぎている場合
  • 2. 慣れないコンディションの楽器を弾いた場合


とくに初心者さんに多いのは1のパターン。
2フィンガー時の脱力不足です。

指先に水ぶくれ

エレキベースの場合だと、指先に水ぶくれができてしまうことが多いですよね。

他にも。
弦を通常のラウンド弦からテンションの強いフラット弦に張り変えたりすると、現場でご一緒するプロのベーシストさんでも水ぶくれができてしまうことがあります。

あとは今回の僕のように、普段はエレキを弾いている人が、たまにアップライトを弾くと水ぶくれになってしまったり。

和明さん

「力みすぎ」か「慣れない動作」のどちらかが大きな水ぶくれの原因になります。

練習をサボったりブランクがある状態でベースを弾くと「久々の慣れない動作」ということで水ぶくれができたりします。

指弾きによる水ぶくれ防止のために

ベースの水ぶくれは

「サボらず練習して、正しい力加減を身に付けよう!」

という、なんとも簡単なありがたい教えを守ることで防止できます。

和明さん

これが難しいんだけどネ。

ベーシスト向けの水ぶくれの対処法

もし可能であれば、

水ぶくれができてしまったら、3〜4日練習をお休みしましょう!



「水ぶくれなんかに負けるな!」なんて根性論で演奏を継続して、もし水ぶくれが破れてしまったら返って治りが遅くなるだけです。

和明さん

刺激で皮膚が破れるとズキズキしちゃうしネ…。

数日でキレイに治るんだから、ここはしっかり指を休めてあげるようにしましょう!

指を使わない練習も

水ぶくれができた指を使わないサムピングや、ピック弾きの練習。

あとはベースの演奏のための音楽理論の勉強や、マインド(思考)のインプット。

2フィンガーを封印しても、ベースのために出来ることはたくさんあります。

「練習を休んでいる暇なんてねぇ!」という方は、ぜひBASS NOTE内の勉強記事を読んでみて下さい!


ベース講師の水ぶくれ体験談

改めて、冒頭のお話を掘り下げてみます。

僕が水ぶくれを作りまくっていたのは、学生時代のこと。

普段は大して練習なんてしないくせに、ライブ直前になると急に練習量が増えるんです。
付け焼き刃の練習タイムです。

和明さん

ベーシストあるある…ですよね!(笑)


で、そのせいでライブの前の日の夜とかに水ぶくれを作るんです。

実に愚かです。

翌日にはライブを控えているので、少しでも指先の感覚を通常の状態に戻して挑みたい。

じゃあどうするか。
破るしかないじゃないか。

という脳筋思考で、今までは水ぶくれに穴をあけて急いで水を抜いた状態でステージに立ってました。

和明さん

この方法、皮膚を破って水を抜く作業は全然痛くないんですけど。

元の色に戻った皮膚に弦が触れるとジンジンと痛いんですよね。

水ぶくれは放置が一番!

水ぶくれが治った

今回、久々に作ってしまった水ぶくれ。

「BASS NOTEの記事ネタになるじゃん!」

ぐらいの気持ちで試してみた結果――

触らずに放置していたほうが圧倒的に治りが早かったです。

ご覧の通り、3日後には元通り。
痛みも違和感も0です。

焦って無理やり水ぶくれを潰す必要なんて無かったんや…!

和明さん

放置放置!

「潰したい…!」という方へ

「でも水ぶくれって痛いし邪魔だし……」

ちょっと待って!

そもそも、水ぶくれが痛むような力加減で演奏している人は根本的に力の入れ過ぎです!

そんな力加減で演奏をしているから、水ぶくれなんて作ってしまうのです!

正しい脱力具合でピッキングできていれば、水ぶくれが邪魔に感じることもありません。

和明さん

これを機に、水ぶくれが痛まない程度の力加減を指に叩き込んじゃいましょう!

まとめ

  • 水ぶくれは放置が一番!

水ぶくれは、ベーシストの勲章!

正しい力加減を身に着けて、水ぶくれを乗り越えましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事



BASS NOTE