スポンサーリンク

理論派ベーシスト育成計画 Lv.5 ベーシストのためのチャーチモード

こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。

理論派ベーシスト育成計画の第5弾です。

Lv.4の記事では、ダイアトニックコードについて解説しました。
これまでの章で、基本的な楽曲のキーの判別ができるようになったと思います。

曲のキーを把握できれば、コードの度数が分かります。
コードの度数が分かるようになったら、次はいよいよチャーチモードです。

初心者向け育成計画シリーズということで、今回はチャーチモードの入り口の部分について駆け足で解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

INPUT

チャーチモードとは

Lv.4の記事では、I△7からVIIm7(♭5)までの7つのダイアトニックコードについて勉強しました。

チャーチ・モードとは、その各ダイアトニックコードに対応したスケール(モード)のことを指します。
日本語では教会旋律なんて言われます。

最初は「おしゃんてぃな雰囲気」を出すためのスケールという認識で構わないと思います。

一発でおしゃんてぃな雰囲気を醸し出せる便利なスケールなのですが、どの場面でも自由に使えるというワケではありません。

適切な条件下で発動させることで、その効力を発揮します。

果たして、その「条件」とは…?
そんな話を、これからズラズラと書いていきたいと思います。

チャーチモード: イドフリミエロ 

チャーチモード一覧

チャーチモードは全部で7種類。

  • イオニアン
  • ドリアン
  • フリジアン
  • リディアン
  • ミクソリディアン
  • エオニアン
  • ロクリアン

それぞれに、上記7つの名前がついています。

イオニアンスケールとか、Fドリアンスケールとか、そのような使い方をします。

「日本語でおk」と言いたくなるようなカタカナの羅列なんですけど(笑)
その頭文字をとって「イドフリミエロ」なんて覚え方をしたりします。

まずは上記の順番で丸暗記してみましょう!

チャーチモードの構成について

以前平行調について説明した記事で、
CメジャースケールとAマイナースケールの関係についてお話しました。

要約すると、CメジャースケールをAの音から弾き始めるとAマイナースケールになるよ!というお話です。

それを頭に置いた上で、以下の話を読み進めてみてください。

こちらはお馴染みのCメジャースケール。

実はこれがチャーチモードのイオニアンスケールの配列にあたります。
呼び方を変えただけですね。

1度の音がCなのでCイオニアンスケールです。

それで、ですよ。
本題はここからです。

例えば、Cイオニアンスケールを(D)から弾くとするじゃないですか。

これの正体がDドリアンスケールの配列になります。

せっかくなので、もっと厳密に解説しますね。
「レミファソラシドレ」=「ドリアンスケール」という勘違いの認識をしている方が実は意外と多かったりするんですけど。

正確には『インターバルが「全半全全全全半全」のスケールのことをドリアンスケールと呼びますよ』という話です。

指板で表すと下記のような形になるんですけど、

ルートがなら(ミファ#ソラシド#レの)Eドリアンスケール、ルートがなら(ソラシ♭ドレミファの)Gドリアンスケールになります。

鍵盤の図はあくまでインターバル(音の距離感)のお話になるので、その点だけ理解して続きを読んでみてください。

今度はCイオニアンスケールを(E)から弾き始めるとEフリジアンスケールとなります。 

中身が見えてきましたかね。
メジャースケールを4番目の音から弾き始めたらリディアン、5番目の音から弾き始めたらミクソリディアン。

そんな形で作られているのがチャーチモードのモードスケールになります。


ちなみに、この項目の始めのAマイナースケールの話に戻ってみると。

こちら、チャーチモードの中ではAエオリアンスケールという名前に変わります。
中身はAマイナースケールそのものです。

イオニアンスケール(メジャースケール)と同じように、別名で登場しています。


それでは、改めて各チャーチモードの構成音について見ていきましょう。

I. イオニアン(Ionian)

イオニアンスケールはメジャースケールの別名です。
なんとなくカッコよく言ってるだけで、その正体はただのメジャースケールです。

言うなればキーの音なワケですから、基本的にはどのダイアトニックコード上でも扱うことができます。

II. ドリアン(Dorian)

ドリアンスケール。
マイナースケールの6度を半音上げた形のスケールになります。

楽曲中のIIm7のコード上で扱えるスケールです。

また、メジャースケール・マイナースケールを基準に動かした音、つまりこの場合の6度の音程のことを特性音(キャラクタリスティックノート)と言います。
それぞれのモードを象徴する音になっていて、そのモードの特徴や色合いを最も醸し出すことができる音価です。

このページの指板上の画像では、●赤丸で記してあります。

III. フリジアン(Phrygian)

フリジアンスケール。
マイナースケールの2度の音を半音下げた形のスケールです。

IIIm上で使用することができるスケールです。
特性音は♭2度の音です。

IV. リディアン(Lydian)

リディアンスケール。
メジャースケールの4度の音を半音上げた形のスケールです。

IV△7上で扱うことができるスケールになります。
特性音は#4度の音です。

V. ミクソリディアン(Mixolydian)

ミクソリディアンスケール。
メジャースケールの7度をマイナー7度に変えた形のスケールです。

V7のコード上で使用できるスケールです。
特性音はマイナー7度の音程です。

VI. エオリアン(Aeolian)

エオリアンスケール。
マイナースケールの別名です。

VIm7上はもちろん、ダイアトニックコード上であれば基本的にはどこでも使うことができます。

VII. ロクリアン(Locrian)

ロクリアンスケール。

◯m7(♭5)というコードの上では、ロクリアンスケールで対応することになると思います。
特性音は♭2度と♭5度の音です。

モードスケールの覚え方

全部で7つもあるモードスケール。
これを個々で覚えるのは至難の技です。

なので、他のスケールと関連付けてまとめて覚えてしまいましょう。
メジャー系とマイナー系にカテゴリ分けして考えると覚えやすいと思います。

メジャー系

イオニアン
リディアン
ミクソリディアン

3度の音がメジャーのスケールたちです。

イオニアン(メジャースケール)を基準に、
・4度(11th)が半音上がっているのがリディアン
・7度(△7)が半音下がっているのがミクソリディアン

ほら、覚えるのは2つだけ!

マイナー系

ドリアン
フリジアン
エオリアン
ロクリアン

3度がマイナーになっているスケールたちです。

エオリアン(マイナースケール)を基準に、
6度(♭13th)が半音上がっているのがドリアン
2度(9th)が半音下がっているのがフリジアン
フリジアンから更に5度(P5th)が半音下がっているのがロクリアン

どうですか!
とっても覚えやすいと思いませんか!

OUTPUT

モード・スケールを使ってみよう

Key=Gのコード進行を用意してみました。
各コード上でそれぞれのモード・スケールを使ってみましょう。

G△7…Gイオニアンスケール
Am7…Aドリアンスケール
Bm7…Bフリジアンスケール
C△7…Cリディアンスケール
D7… Dミクソリディアンスケール
Em7…Eエオリアンスケール
F#m(♭7)…F#ロクリアンスケール

今は指板上の形や構成音を覚えることに特化したいので、スケールを上下するだけの演奏でも十分な練習になります。

「ここではこのスケールが使えますよ」というのは、

このようにディグリーネームに変換して考えると導き出すことができます。

可能なら、上の項目で説明した特性音を重視して弾いてみましょう。
例えば、Aドリアン上では6番目の音(13th:実音F#)をたくさん使って弾いてみる練習です。

まとめ

かなりややこしくなってしまいましたね(笑)

チャーチモードは理論的に見ても本当に奥が深い音階なうえに雰囲気をつかさどる音階なので、感性で使うタイミングを見極める必要がある上級者向けのスケール(モード)です。

なので。
このページを読んで「ふーん、そんなスケールもあるんだー」くらいに思ってくれたら、今回のLv.5での取れ高は十分かなと思っています。

理論の入り口は広く浅く!
必要になった段階で「そういえば、あれはどういう意味なんだろう?」「どうして、こういう解釈なんだろう?」と疑問に思った部分を改めて勉強して隙間を埋めていくのが、効率の良い戦略なのではないかなと思います。

ここまで付いてきてくださって嬉しいです!
難しい項目、よく頑張りました!

【特集】理論派ベーシスト育成計画